質を変えるために!

質を変えるために!

本日は診療スタッフが4人、勢ぞろい致しました。

昼に2時間割いて『スタッフ勉強会』を行なったにも関わらず、スタッフ3人の本日の患者数が「計35人」と、昼食をとる暇もなく頑張っておりました。

ところで、本日の『スタッフ勉強会』での講義内容の一つでもあったのですが、最近の研究において「患者さんのエネルギーの質を変換する」というテクニックを開発致しました。

慢性病や難病の方で、魂や心や肉体の許可が降りた方限定で行なっているのですが、施術効果を高める目的で、本来その方が持っておられるエネルギーの質を『より良い方向』に変えさせて頂いております。

ただし、このテクニックは今のところ私しか出来ないため、今後『スタッフが担当させて頂いている患者さん』におきまして、「質を変える」必要のある方は、スタッフの要請により『私』がさせて頂くこともあるかと思います。

その際は、いきなりスタッフ部屋にお邪魔して「変換テクニック」を施術させて頂くことになると思いますので、ご了承お願い致します。

所要時間は「1~2分程度」であります。
Guide
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

神に感謝!

神に感謝!

私が40歳の時、白井先生が私を見つけてくれて、「師弟としてのご縁」を結ばせて頂きました。


当時、白井先生は25歳で元気いっぱいの爽やか青年でした。


それから14年の月日が経ちましたが、本日より「25歳のお弟子さん」が新しく研究所の一員となりました。


そして、白井先生は現在38歳となられ、何やら因縁のようなものを感じてしまいます。



新しいお弟子さんはこの4月から鍼灸専門学校に通い始めている学生ですが、大学を卒業後3年間は自分の「真の心」を探していたそうです。


彼は苦労をほとんどしておらず、まだまだ何の取り柄もない未熟者であり、「心」のエネルギーもフワフワしておりますが、今後は副院長であり鍼灸師でもある白井を中心に、スタッフ全員に厳しく教育をお任せしていくつもりです。


とは言え、頼みもしないのに、自らこんな『修羅場』とも言える業界と職場と私の元に、苦行覚悟で飛び込んで来てくれた事には、『神に感謝』であります。


暫くは週に3回勤務しております。


名前は「中井 優雅」と申します。


皆様どうか温かく厳しい目で見守って頂けるよう、宜しくお願い致します。


          院長
Guide
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

先陣を切って!

先陣を切って!

いよいよ明日から、『簡単活用コース』が、他の2つのコースより一足先に開催されます。


既に10人以上の方にお申込み頂き、「3人のスタッフ」のやる気エネルギーもマックスになっているようです。


そして来週からは『インストラクターコース』が始まり、再来週からは『スペシャリスト育成コース』もスタート致します。


この3つのコースは別々のようで、実は全て繋がっております。


ERTの楽しさ、奥深さ、素晴らしさ、が至るところに詰め込まれている内容となっており、どのコースにおいても、皆さんの心をきっと鷲掴みにすることでしょう。


ご参加の皆様方、気持ちをラクにし、心から楽しみながら習得されることを願っております。


ちなみに、『簡単活用コース』は、今後中止にならない限り『お申し込みはいつでもオッケー』となっておりますので、ご興味のある方は、ホームページをご覧の上、いつでもご連絡してみてください。


スタッフ一同、お待ちしております。

Guide
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

桜エネルギー

桜エネルギー

研究所の近くの「コムズガーデン」の桜が超満開です。

出勤前にしっかりとエネルギーを浴びてまいりました。


あくまでも私の勝手な持論でありますが、「コムズの桜の花のエネルギー」は、10年前から私と研究所とERTの「その年度」の方向性を示してくれるエネルギーを出してくれていると思っています。


ちなみに今年は波動は「この1年、頑固にいこうな~!」と申しておりました。

そして、ERTに対しては「肌がキーワード」とも伝わってきました。


スクールなどでエネルギーを学んだことのある方々、一度ご近所で見守ってくれている「桜エネルギー」を感じてみられてはいかかでしょうか?

例年とは違った「桜」の楽しみ方が味わえることでしょう。


*感じ方がよく解らなかった方は、花びらを一枚「眉間」に貼り付けて、『花の声』を聞いてみてください。
Guide
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

指切り!

指切り!

約束をする時、「指切り」をします。

その昔、約束を破ったものに対し罰として、本当に「指を切り落す」ことから、「指切り」と名付けられたそうです。


現在の「指切り」は、小指で行なうのが慣例です。

そして愛し合う男女は、将来の約束を「小指」から始め、やがて「薬指」へと移行していきます。


私もそうしましたが、「男女としての約束」は儚くとも21年間で消えてしまいました。


それでも彼女に対する尊敬の念と、信頼と、いくつかの約束は今も継続しております。


その内の1つを、今月から果たしていこうと思っています。


院長として、父親として、凛と襟を正しながら…
Guide
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索