研究所のご利用法あれこれ⑪ 〜肥満〜

2週間前に、周囲の誰からも「なんでこんなところを?」って言われたほど『舌の中心部分』を食事中に驚くほど強く噛んでしまいました。

思ったよりも舌はえぐれ、歯科医では「絶対に口腔外科で縫合した方がいいですよ」とまで言われたほど傷は深くまで達しておりました。

勉強会・懇親会・日々の診療と、休むわけにもいかずに「自己治療」で対応してきたのですが、ようやく7~8割まで回復いたしました。


一時は傷の塞がり具合が良くなかったため、殆どが「市販の栄養ゼリー」か「柔らかい食べ物」を流し込むように食べておりましたが、そのせいで「3キロ」ほど痩せてしまいました。

元々「大食家」の私ですので、1週間もすれば元に戻るのでしょうが、たとえ「3キロ」でも痩せると身体が軽く感じられるものです。


ところで、エネルギーを利用すると、患者さんの来院時に

「前回来院され時よりも、大体何キロぐらい体重変動があったか?」

を瞬時に読み取ることが出来ます。


痩せられたと感じた方には、必ずと言っていい程お伝えしているのですが、時々

「全然痩せてませんけど!」

と、ムッとされる方もおられます。


ERTの真の目的は、患者さん方に「元気・健康・幸せ」を充実して頂くことであります。

明らかに不摂生と自己責任による『肥満』の方は別として、

「ホルモンバランスの乱れ」
「薬の副作用」
「更年期的症状」
「自律神経の失調」
「代謝障害」
「精神的要因」

などで、カロリー摂取量からは考えらないような「病的肥満」に悩まれれておられる方に対し、ERTでは真剣に寄り添いながら解決出来るよう全面協力させて頂いております。

「肥満」は決して心身にいい影響を与えません。

「ERTエネルギー体操」や「食事アドバイス」などを併用しながら、ERTの施術効果が素晴らしい結果を生み出せるよう日々頑張っております。

研究所のご利用法あれこれ⑩ 〜老化〜

「最近、若い頃より歌声に伸びが出てきたな〜!」と調子に乗って、先日アコースティックギターを衝動買いしました。

車に積み込んで、人里離れた場所にドライブし、星空を見ながら弾き語ってみると、大変な事に気が付きました。

「確かに30年前より声はよく出てる。特にERTで声帯にエネルギーを与えるとよく声が伸びる。」
「しかし、30年前に簡単に歌いこなせていた『テンポの速い曲』が歌えない」
「滑舌低下、ろれつが回らない、カミカミで になる、息継ぎがアップアップ」
「さらに指が動かない、Fコードが上手く鳴らない、すぐに指先が炎症反応」

など、自分自身の『老化っぷり』にかなりショックを受けております。


ところで、研究所には『老化性』の症状にお悩みの方が多く来られています。

さらに「アンチエイジング」をはじめ、「認知症予防」、「運動機能向上」、「健康維持増進」をご希望の方も後を絶ちません。


そもそもERT療法は、服用するものもなく、副作用もなく、キツイ刺激もなく、安全であり、自分に何が起きていて、何が足りないのか、など多くの情報を得ながらゆったりと施術を受けて頂くことができる為、それがお年を召した方にもとても評判のようです。


本日も、78歳と86歳の初めての患者さんを診させて頂きました。

その内のお一人の方は、なかなかお元気な方で

「次回は半年後くらいていいですよ〜」

とお伝えしても、

『お願いですから毎週来させてください』

と、懇願されてしましました。

嬉しい限りであります。

研究所のご利用法あれこれ⑨ ~姿勢~

「カイロプラクティック」(脊椎矯正)という治療法がアメリカで確立され、数十年前から日本でも民間療法の一つとして世間に広く知らるようになりました。

私が20歳の頃は「カイロ」=「背骨をボキボキする」のイメージがありましたが、その後どんどん進化し、ソフトな矯正や、アクティベーターなどの器具を使うようにもなってきました。

一時は私もあれこれ学びましたが、12年間ERTを突き詰めてきた現在においては、「24個の脊椎をエネルギーの流れ」を一つ一つ感じることは、それほど苦もなく出来るようになりました。

24個の脊椎にもそれぞれ決まった流れがあり、身体に何らかの異常事態のサインがでると、その流れが止まったり変わったり乱れたりするのがよく分かります。

サインが出ている脊椎群の中で、「乱れの原発」となる脊椎のエネルギーを正常に開放すると、他の脊椎エネルギーも自然状態へと戻っていきます。

そして全ての脊椎エネルギーが正常に働くことにより及ぼされる身体的効果は計り知れません。

姿勢は良くなり、筋肉はほぐれ、自律神経は整い、免疫系・伝達系・分泌系の働きが活性化します。

ERTでは、脳と脊椎のエネルギーの正常化にも力を入れております。

9月大変革

最近のオフ日は、殆んど研究所に入り浸っておりましたが、本日のオフ日は久々に完全休養し、師匠に会って参りました。

やはり師匠も明確に『今年の9月が岐路だよ』と仰っておられました。

白井先生、𥸮原先生と出会えて大津の整体院をスタートさせたのも14年前の9月でした。

現在(晃進ビル)の場所に移ってきたのも6年前の9月でした。

そして今年の9月、私の予定では研究所は大きく変わります。

スクール関連も私の役目はやっと一段落し、スタッフが責任を持って成長させてくれています。

インストラクターも合格者が出始め、対外的に広めて頂けるメドもついてきました。

「9月の大変革」は、場所が変わるわけではありません。

ハードではなく、ソフトを充実させ、患者様への診療体制を、大きく成長させたいと思っております。

その手始めとして、本日院長部屋にもう一台ベッドか入りました。

お一人の患者様に私を含めたスタッフ全員が一丸となって施術に当たれる方法で、本来の研究所のあるべき姿をパワーアップさせていくつもりです。

1人でも多くの「苦」や「悩」を抱えられた患者様方のお役に立てるよう試行錯誤中でありますので、どうか9月をご期待くださいませ。

研究所のご利用法あれこれ⑧ ~物と合わす~

息子も研究所に勤めて早2ヶ月が過ぎました。

中学校以来、親の前で見せる笑顔は「作り笑い」か「小馬鹿にした笑い」か「卑屈な笑み」しか記憶がなかったのですが、最近は無邪気な笑顔を自然と出せるようになり、特に昨日の懇親会、およびその後のミーティングでは腹を抱えながら大声で笑う姿を目にし、親としては嬉しく思っております。

これも超優しく接してくれるスタッフや、患者さんや、生徒さんのお陰であります。

心から感謝しております。


さて、その息子が2ヶ月前に研究所に来て、学んだERTをまず利用したのが、

「コンビニなどで食品を買う時に、自分に合うか合わないかをエネルギーで検査してから買う」

ということだったそうです。


元々、小学生の頃からひどい「アトピー性皮膚炎」で、最近でも季節の変わり目など、少し気を抜くとすぐに悪化してあちこちの皮膚が真っ赤になるようです。


ゆえにERTを学び始めて、自分で「これを食べたら栄養源になるか?それともエネルギーを乱したり落としたりするものとなるのか?」の判断が出来るようになり、とても快調だと申しております。


ERTの醍醐味として、様々なエネルギーとの反発性や相性を感じる事が出来ます。

そして、強いアロルギー性が無い限り、その反発性を簡単に開放することが可能です。

薬、化粧品、食品、サプリ、衣服、靴、車、建物、アクセサリー、その他どんな物質でもエネルギーを発している限り、その物との相性を瞬時に感じ取れ、施術によって相性よく出来るのです。

そして、このテクニックは様々な症状の患者さんのお役に立っております。
プロフィール

ertpuro

Author:ertpuro
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR