FC2ブログ

アトピー性皮膚炎
昨夜は長男の「誕生日」を祝いました。

仕事合間のほんの1時間ほどでしたが、「肺癌の手術」から少し元気になってきた母も交えての食事会は格別なひと時でありました。

思えば長男も幼少期は5年間「小児癌」に苦しめられました。

その辛い経験からERTが生まれ現在に至るのですが、その「長男・次男」と共に研究所を発展させていけることにも、これまた格別な思いがあります。

「病」(やまい)というエネルギーは多くの苦しみを伴いますが、多くの学びも与えてくれます。

しかし「病魔」というエネルギーは異質だと感じます。

「病」は、受け入れること、共存すること、回復すること、が可能だと思っています。

しかし「病」に「魔物」のエネルギーが絡むと明らかに質が変わり「学び」などと悠長なことを言ってられないほど辛く苦しい波動を生み出します。

そしてワケが解らないまま精神や肉体や命までをも蝕んでいく可能性があります。

私の持論による「魔物」については長くなるので別の機会にお話しさせて頂きますが、簡単に言うならば科学ではなかなか解明できない「異次元のエネルギー」であり「病を増幅させるエネルギー」だと思っています。

少し胡散臭く聞こえるかもしれませんが「エネルギー療法」にご縁を頂いている者としましては、世間から何と言われようとも「既成概念」にだけ捉われることなく、今後も様々な角度から「症状改善」に向けてあらゆる可能性を探っていくつもりです。

さて話は戻りますが、長男が小児癌から回復できたのは「次男」からの骨髄移植でありました。

当時、次男はアトピー性皮膚炎に悩まされていましたが、移植後は長男の身体にもアトピー性皮膚炎が発症してしまいました。

それから二十数年、2人ともアトピー性皮膚炎に苦しめられておりますが、先程もお伝えしたようにERTが生み出されたきっかけは「癌疾患」と、さらに「アトピー性皮膚炎」を自然治癒させれる方法は無いものか?と言う強い思いからでありました。

その2つの最終目標に対してERTが今どの位置まで進めているのか?その試金石が現在進行中の「腫瘍系疾患のモニター遠隔」であり5月から開始予定の「アトピー性皮膚炎および慢性皮膚炎のモニター遠隔」だと思っています。

詳細は今週中にホームページにアップする予定にしています。

今回も是非皆様のお力をお貸し頂ければと願っておりますので、何卒宜しくお願いいたします。
Copyright © ERT院長ブログ. all rights reserved.