FC2ブログ

聴診器

「電話遠隔ってどんな感じで施術するのですか?」

これは患者さんからよく頂く質問です。

あくまでも私のやり方ですが、電話遠隔の場合は両耳にイヤホンを付けて行ないます。

目の前にカルテとお写真を並べ、そして胸の前で10本の指を合わせながら施術に入ります。

いざ、施術に入るとそこからはイメージと集中力の世界となります。

瞼を閉じ、患者さんの霊体(エネルギー体)に目の前へとお越し頂き、向き合った状態にします。

そこで「内科医が聴診器で診察する」様に、イヤホンから『エネルギー聴診器』を伸ばし、あらゆる心身のエネルギーにアプローチします。

乱れはないか?過剰はないか?低下はないか?詰まりははないか?変性はないか?何らかの干渉はないか?…

など、一通りの異常を細胞単位まで「エネルギーでお話し」しながら検査していきます。

さらに、異常を起こした原因は何か?「食?毒?菌?環境?感情?霊障?など」を限定できたら、いよいよ施術に入ります。

施術は検査と違い、対面だった霊体を「仰向け」に寝かせます。

そして私の「両手のひら」で霊体の頭部を包み、私の中に引き込みながら「融合共鳴」(一体化)を行ない、「自分の体」を媒体にしながら実際に先ほど行なった検査が正しかったのかを再確認します。

結果オッケーとなったら、ようやく「開放操作」を行ない、エネルギー状態を正常にもどすことで終了となります。


ここまでの操作は、実際に来院された患者さんにもほとんど行ないます。

ただし、来院頂いた患者さんはここから更に『実際に私の手を聴診器に変え』様々な方法で患者さんの筋肉、皮膚、骨、臓器、神経、血管などに直接触れながら検査をし、そして様々な方法で直接開放を行なっております。

遠隔だけでも効果は抜群だと思っておりますが、最近さらにパワーが増した「院長の手気」にもどうぞご期待くださいませ。


さて、ここでお知らせです。

明日『8月14日』は月に1回の研修日となっており、研究所はクローズ致します。

ご先祖パワーを味方につけ、更に精進するための修業をして参りますので、勝手致しますがご了承のほど宜しくお願いします。

プロフィール

ertpuro

Author:ertpuro
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR