FC2ブログ

ETTとNESの違い

11月から「補完療法」は『鍼治療・ETT・NES』の3種類となりますが、その中で

ETT「エネルギートリートメントテクニック」

と、

NES「中井式エネルギー整体」

の違いについてお伝えします。


まず「ETT」は「ERTの効果を安定させる事を目的とした補完療法」であります。

全身にゆっくりと手指で押圧をかけながら、全身に溜まった「疲労エネルギー」「停滞エネルギー」「老廃物」「感情」などを開放し、ERTの効果を安定・持続させる助けになるよう行なっています。

私の「スペシャルコース」では、ほんの15分ほどETTを取り入れておりますが、殆どの患者さんが「痛くて気持ちよくて軽くなる〜!」と感想を述べられています。

何度も申し上げますが、このETTはあくまでも補完療法でありERTの引き立て役ではありますが、しかし『リフレッシュと疲労回復と癒され感」は研究所の中でも群を抜いたテクニックであり、活力を高めたい患者さんにオススメであります。


次に「NES」ですが、「エネルギー整体」と名付けてはおりますが、『ERTが表からの施術」とすれば「NESは裏からの施術」だと思って頂ければ分かりやすいかと思います。

ERTは電話や写真による遠隔でも可能なように、触れずにエネルギーのやり取りと操作だけで開放することが殆どの治療法です。

経絡を開放したり、自律神経を整えたり、心を輝かせたり、霊を取ったり、先祖と繋げたり、菌や化学物質に強くしたり、様々な分野に対しエネルギーの観点からアプローチしています。

しかし『NES』ではこれらERTの殆どの施術を『身体に触れながら、動かしながら、摩りながら、叩きながら、、抑えながら、イメージして頂きながら』行なう事が出来ます。


あくまでも研究所のエネルギー療法は『ERT』が主体ですが、症状に対し「表側からだけでなく、裏側からもしっかりと開放すること」を目的として作られた『NES』は、ERTの効果を倍増させる役目を担っています。


ETTのような「気持ちよさや癒され感」はありませんが、症状改善に向きあわれている患者さんにはオススメの補完療法であります。
プロフィール

ertpuro

Author:ertpuro
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR