西洋医学との共存

来月78歳を迎える母と同居してもうすぐ4年になります。


ここ1〜2年は、間近で見ていても急激な衰えを感じており、エネルギーを常時繋げながら調節する日が増えてきております。


それでも今年の夏以降、エネルギーに「逆回転の乱れ」と「重さ」が加わるようになって来たため、先日「一度西洋医学での検査をしてみよっか?」と勧めてみました。


母はこの歳まで簡易の血液検査を除いて健康診断らしきものは『ERT式健康チェック』以外受けたことがありません。


いわゆる『健康老人』そのもので、日々好きなことをして人生を謳歌しております。


しかし、最近私がエネルギーをフルに使って何度開放を繰り返してみても、どうしても『邪気』が見え隠れします。


てことで本日、お盆以来初めてお休みを頂いた私は、母と2人で病院へと出かけました。


ドクターの診察の結果、身体のあちこちに異常を感じた様で、今年いっぱいかかるらしい様々な検査の予約をして帰るようにとの指示を受けました。


さて、西洋医学の診立てとERTの診立て、両者を比べてみていったいどのような結果が出るのか?私にとっては1つの『真剣勝負』でもあり、『究極の勉強』でもあります。


西洋医学は素晴らしい部分が多くあります。


しかし、「ERTの検査力や理論や方向性の方が優れている部分も必ずあるんだ!」と言う信念は、絶対に譲れません。


母がくれた今回の試練を精一杯活かして成長したいと思っています。


そして私に出来る最大限の方法で寄り添い、支え、少しでも健康な余生を提供したいと思っております。
プロフィール

ertpuro

Author:ertpuro
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR