FC2ブログ

オーラを高める呼吸法(動画付きです)
前回のブログでお伝えした「コロナ・インフルエンザの簡単な予防法動画」が完成しましたのでアップしてみました。

出来るだけあらゆる方にご理解頂けるような内容にしてみましたが、分かりにくかったらごめんなさい🙏🏻

今年の4月に5回に分けてお伝えした予防法も合わせて参考にされると少しは理解しやすいかと思います。

良ければそちらもご覧下さい。

さて、今回の予防法の特徴は大きく2つあります。

1つ目は「5つの呼吸法」を使うこと

2つ目は「手印法」(手で印を結んでスイッチを入れる方法)を使うこと

の2点です。

それらを使いながらコロナ(もしくはインフルエンザ)のウイルス画像を見て予防力を高めます。


これからが冬本番です。「寒さと乾燥」の力を借りて「コロナやインフルエンザ」が猛威を振るう可能性があります。

そんな今年の冬を元気に過ごすために、少しでもお力になれたならとアップしました。

ご興味のある方は是非ご一覧してみてください。


『ご覧になられるにあたっての注意点』

・この予防法は肺と酸素循環とオーラを高めながら『感染症に対し予防する力を僅かでも高めること』が目的となっております。

・ゆえに、この予防法で『感染しなくなるということはありません』のでご理解ください。

・ウイルス画像ですが、動画内での私は「スマホの画像」を使ってますが、写真なとでもオッケーです。

・動画内では、印を結ぶ手は「右手から、顔の前にて行なう」と申していますが、あくまでも基本のポーズであり、手の位置はどこでも効果があります。

・例えば『コタツに座ってテレビなどを観ながら手はお膝の上に置き、両手同時に印を結びながら順次ゆっくり深い呼する」なんて方法もオッケーです。

・もしくは『ウォーキングしながら順次印を変えて深い呼吸をしていく』なんてのも呼吸機能とオーラが高まります。

・ただし「呼吸の順番」(水木火土金)は間違えないで下さい。

以上のことを参考にしながらご覧ください。



動画はこちらです↓

https://youtu.be/LrCuzMU579E



気持ちを楽に!
コロナウィルスの第3波が拡大しつつあります。

メディアなどでは「ここが正念場」という表現を使われる方もおられますが「正念場」を辞書で調べると「その人の真価を発揮すべき最も重要なところ、物事の成否にかかわる大事な場面」だと書いてあります。

ERTでは「念」の研究もしておりますが元々私は「正念」という言葉は大好きであります。

「正念」は「八正道」の一つで「雑念のない正しい心」や「平常心」という意味ああります。

つまり「正念場」とは「雑念のない平常心で臨む場」ということになります。

「免疫力の安定」には「メンタルの安定」が必要不可欠です。

恐怖心・不安感・焦燥感・失望感などの過剰な雑念は、この「正念場」において足枷となる可能性があります。

最近の研究所でも急激に「コロナ・インフル予防」の施術を希望される方が増えていますが、その方法として「免疫安定」「心肺機能向上」「粘膜強化」に加え「感情開放やメンタル安定」も並行しながら施術しております。

皆様もこの難局に立ち向かうための予防法としてまず肝心なことは「気持ちを楽にすること」=「免疫安定」が一番必要かと思います。

もちろん栄養、休息、マスク、手洗いなども大切ですが、ERT的に言うならば「呼吸法」と「手印法」はオーラを高める作用があり、見えない敵からの護身法としては最適かと思っています。

もう少し臨床と研究を重ねた上で、予防法として高い確信を得ることが出来ましたら、コロナ・インフルに負けない簡単な「呼吸法」や「手印法 」を再度「動画配信」などでお伝えできればと考えています。

5人の施術スタッフ
季節は冬の様相を少しずつ見せ始めていますが皆様いかがお過ごしでしょうか?

研究所は相変わらずの「熱気」に包まれております。

と言うのも、ベースアップ遠隔「大人コース」が始まり、5人の施術スタッフが活気付いているからであります。

1人か2人の先生に患者さんが集中することを心配しておりましたが、蓋を開けてみると「5人ともほぼ均等の人数の患者さん」にご依頼頂き、それが相乗効果となって皆が遠慮なく持ち味を発揮しながら頑張ってくれております。

まだ始まって10日ほどですが、ベースアップ遠隔の効果は「少しずつ、着実に」基礎的なエネルギー力を高めていくはずです。

しかし「辛く苦しい症状」は待ってはくれません。

そこで『片側では基礎力を高め、もう片側では表面的な症状を通常のERTで抑えていく』

この両側からのアプローチはきっと重い症状を根本から改善させていく手助けになるのではと思っています。

5人の施術スタッフのパワーと熱意にどうぞご期待ください。


さて先日兄から勧められて、現在社会現象にもなっている「鬼滅の刃」を鑑賞して参りました。

アニメはコロナによる外出自粛の頃にテレビ配信で観ましたが、やはり劇場での迫力は評判通りでありました。

映画の中で主人公たちが何度も口にする「〇〇の呼吸」というセリフがあります。

この呼吸法、恥ずかしくて大きな声では言えませんがERTにも似たような呼吸法が「7つ」あります。

とても難しい呼吸法であり施術の中の『エネルギー開放』のときに使います。

「鬼滅の刃」がこんなに有名になった今となっては本当に恥ずかしくて口に出して言えませんが、厚かましくも「水の呼吸・火の呼吸・大地の呼吸・光の呼吸・月の呼吸…」などと勝手に名付けたりもしています。

この呼吸法を使いこなすには「36種の印」を結べるようになり「12種の軸」をコントロール出来るようにならなければなりません。

5人の施術スタッフは現在のところ「最終段階」の手前まで来ておりますがまだ呼吸法を扱える域には達していないように感じています。

次回の勉強会で完成形を習得させる予定ですが、そうなると今よりも必ずレベルアップすること間違いなしだと確信しております。

5人の施術スタッフのセンスと成長にまたまたご期待ください。

Copyright © ERT院長ブログ. all rights reserved.