FC2ブログ

ご両親と共に
お子様コースの「ベースアップ遠隔」が開始されてちょうど本日で1ヶ月が過ぎました。

1ヶ月前にスタートされた方は「本日で1クールが終了」となり、それと同時に無料期間も終了となります。

もし継続をご希望されるなら「明日(次のクール)からは料金が発生する」と言うことになります。

そして「選択締切日」の本日、1ヶ月前からスタートされた方は「計72人」でしたが、その中で「継続ご希望メール」を頂いた方は嬉しいことに「60人」となりました。

先日長男に「半数の方に継続して頂けたらめっちゃ嬉しいよな〜」と話していたのですが、蓋をあければ8割以上の方に継続をご希望頂き、心からの感謝と共に気の引き締まる思いを噛み締めております。

現在まだ無料継続中の方と合わせると明日から「計65人」のお子様のベースアップに尽力させて頂きますが、当初の予定だった「マックス100人」までにはまだ『35人の空き枠』が残っていると言うことになります。

「もう無料期間は終わりましたか?」と未だに勘違いされている方が時々おられますが「1ヶ月の無料期間は申し込まれた日から1ヶ月」であり「キャンペーン的なもの」ではありません。

明日、申し込まれたなら「その日からどのお子様でも1ヶ月間無料にて毎日写真によるベースアップ遠隔」をさせて頂くことになっています。

ご希望の方は、いつでもお問い合わせください。


さてこの1ヶ月間で「ベースアップ遠隔」に対する親御さんから沢山のご報告を頂きました。

その中に、あるこんなご質問がありました。

一部抜粋ですが、私が施術報告の中で、

「ビジョン(目標)のチャクラと言われている第6チャクラのエネルギーが膨張しているように感じましたので安定させておきました」

と言う内容をお送りしたところ、お母さんから、

「お伺いしたいのですが、膨張していると書いてあったのですが、それはやりたい気持ちが膨張していると言う事でしょうか?
それで膨張を押さえてくれたと言う事でよろしいのでしょうか?
また膨張が気持ちであるなら、その気持ちを押さえても大丈夫なんでしょうか?」

と言うご質問を頂きました。

大変素晴らしいご質問だと思います。

私は直ぐに次の様に返信させて頂きました。

「頂いたメールの返信です。
多くの栄養素を摂ってエネルギー源を得ても、運動しなければ肥満体になります。
それと同じで、使うべきエネルギーを使わずにひと所で膨張すると毒になる場合があります。
好きな人を愛して愛して愛しても、振り向いてくれなければその愛は行き場を無くし、膨張して憎しみへと変わることもあります。
エネルギーは循環してこそ正しい働きをするため、○○くんの第6チャクラのエネルギーも毒に変わらない程度に私の操作で循環させ開放しました。」

今後もこの様なやり取りを重ねながら、ご両親と共に大切なお子様のベースアップを達成できればと願っております。

3つの痛み
痛みに苦しまれている患者さんが多く来られています。

ERT的に「痛みには3種類ある」と考えています。

例えば「膝」の痛い患者さんが来られた場合、その痛みの種類を下記の3種類から特定します。

①まずはエネルギー的な痛みです。

この痛みの特徴は、あちこち痛みの場所が移動することが多く、痛い時と痛くない時もあります。
また、寝てても痛かったり、逆に動かしたからと言って痛いとも限りません。
このエネエルギー的な痛みは「その部位」(この例では膝)に原因はなく、臓器であったり、脳であったり、メンタルであったり、と様々でな部位が起点となって、膝に「痛みとしてのエネルギー的サイン」を発します。
そしてこのエネルギー的な痛みなら、ERTの施術で劇的に改善することが多々あります。

②次に神経的な痛みです。

この痛みは、使いすぎ、冷え、栄養不足、など様々な原因で神経が弱化し、元々神経節などにすむヘルペスウイルスなどが活性化し神経に痛みを及ぼすために発症します。
簡単に言うと「神経が炎症」を引き起こし「神経が過敏な状態」となって痛みが発症するのです。
特徴はじっとしてても疼くような痛みの場合が多く、更に動くとビリっとするような痛みを感じます。
この場合もERTでは原因を的確に判断し、免疫を高めながら過敏性を抑える開放を施し、必要な生活面のアドバイスをさせて頂くことで、時間はかかるかもしれませんが殆どの痛みは改善に向かうことが多いです。

③最後に機械的痛みです。

この痛みは既に「その部位」(膝)の関節や軟骨が変形、もしくは破壊されており、物理的に神経を圧迫して引き起こされる強い痛みのことです。
ここまで症状が進んでいる場合、その殆どの方は①のエネルギー的痛みも、②の神経的痛みも同時に併発されておられます。
そしてこの場合、ERTでは①と②に対する施術で「症状は軽減」出来たとしても、変形や破壊を改善させるだけの力は持っておらず、故に根本的な痛みの改善には残念ながら力及びません。(病院受診などをお勧めしています)


ただし、この機械的痛み(変形や破壊)は「関節や軟骨」では修復が難しいのですが、もっと柔らかくて細胞分裂の盛んな臓器や軟部組織であったなら、もしかすると改善させられる可能性はあるのではと思っています。(たとえ「腫瘍系の圧迫」による機械的な痛みであったとしても…)


不快な痛みでお悩みの方、もしくは治らないものと痛みを諦めておられる方、薬にばかり頼っておられる方など、もしかするとその痛みは①や②が原因かもしれません、

お気軽に研究所にご相談してみてください。

「ベースアップ遠隔」が更に広がります!
お子様対象の「ベースアップ遠隔」が多くの方々にご好評頂き、誠に感謝致しております。

この1ヶ月半における私なりの手応えと、今後のERTの在り方や進むべき方向性を総合的に判断し、11月より「ベースアップ遠隔」のバリエーションを『大人の方々、およびペット』まで拡大していくことに決定いたしました。

その内容を簡単にご説明すると下記の様になります。


「ベースアップ遠隔」と6つの分野(バリエーション)

本来のERTとは、お辛い症状を少しでも改善させるため「人間に備わっている治る力を高めること」を目的とした施術方法です。

では「ベースアップ遠隔」との大きな違いは何でしょう?

「ベースアップ遠隔」とは文字通り「底上げ」という意味であり、直接的な症状改善に目を向けるのでは無く、「健康維持・増進・予防」のための施術方法だとご理解ください。

新たな「ベースアップ遠隔」では6つの専門分野に分け、各エネルギーの底上げを目的としながら施術しています。

下記の6つから「1つ」ご希望の分野をお選びください。その分野を集中して1ヶ月施術致します。

尚、ベースアップ遠隔では6人の施術スタッフによる専門分野を設けており、担当先生を中心に他の先生方と協力しながら責任を持って施術させて頂きます。

①内蔵の働きを高める(桒原先生担当)
心臓・肺・胃・肝臓・胆嚢・膵臓・脾臓・腎臓・膀胱・小腸・大腸生殖器・内分泌腺などを中心に、各経絡、機能、細胞などのエネルギーを活性化しながら、各臓器が強くてバランスの良い働きを為せるよう促すことが目的です。

②免疫力を高める(優雅先生担当)
コロナやインフルエンザを始めとする感染症、様々なアレルギー、さらに膠原病や癌に至るまで、免疫の乱れが引き起こす病気だと言われています。
気候や毒素やメンタルに乱されない強い免疫力を維持・増進させることが目的です。

③脳の働きを高める(有田先生担当)
脳には大きく分けて、大脳(人間脳)大脳辺縁系(動物脳)脳幹部(爬虫類脳)の3つに分かれます。
この3つの連動を活性化しながら学習能力・運動能力・記憶力・思考力・想像力などの向上を中心に認知症予防・自律神経のバランスをも整えることが目的です。

④代謝を高める(伊藤先生担当)
代謝性疾患には糖尿病・高血圧・脂質異常・痛風・メタボ・肥満・などがあり、多くは動脈硬化と関連していると言われています。
代謝機能の正常な身体を維持・増進することにより、健康的な体型、水々しいお肌、サラサラの血液、そしてアンチエイジング的な状態を保って頂くことが目的です。

⑤心を高める(白井先生担当)
生きにくい世の中、ストレスは至るところから攻め入ってきます。
今世に生を授かった真の目的は、自分らしく生きて幸せになることだ思っています。
それにはまず潜在意識である「心」が輝いていないとパワーが出ません。心を安定させ強くすることが目的です。

⑥総合的にエネルギーを高める(お子様のみ院長先生担当)(大人・ペットはスタッフ担当)
現在すでに行っている「お子様を対象にしたベースアップ遠隔」はこの⑥にあたります。
12種の軸を安定させ、正しい方向に成長を導きながら健康で力強い人生を送れるよう総合的なエネルギー力を高めることが目的です。

「ベースアップ遠隔」のコースと担当制について

・お子様コース、大人コース、ペットコース、の3つのコースに分かれます。
・各コースの患者様は①〜⑥のどの分野のベースアップを希望されるのかを選択して頂きます。
ただし院長がメインとして担当するのは、当分の間「お子様コースの⑥を選ばれた方のみ」となります。
・大人、ペットの方が⑥をご希望の場合は、5人のスタッフからご希望される担当の先生をお選びください。この場合、院長はサブ担当となります。
・①〜⑤の分野では上記の各先生がメインとして担当し、院長は全てサブ担当となります。
・「ご自身がどの分野をするのが一番よいのか?」がよく分からない方は、お気軽にスタッフの先生方にご相談ください。
・今月は院長のお子様コースを受けられた方でも
 「来月は院長じゃなく有田先生に脳の活性化を頼もう!」
 「再来月は優先生に頼んで免疫を高めてもらおう!」
 と言う様に臨機応変にご利用頂くのがベストです。
・ただし1ヶ月のうちに選択できるのは「お一人様1つの分野」のみとなります。(今後、変更あり)
・開始日は11月1日と致します。

※尚、さらに詳しい施術のシステムや料金システム、および各先生方の詳細内容などはホームページにて近日中にアップ致しますのでご一読のほど宜しくお願いします。


個性
愛する長男は「発達障害」と診断されています。

その長男が9月から研究所の一員として働いてくれています。

頭脳は明晰ですが「コミュニケーション」が苦手な彼は、この春まではコンピュータの仕事をしておりましたが、コロナの影響であえなく切られてしまいました。

研究所はアナログ人間が大多数で(特に院長を筆頭に)、3年半前に優雅先生(次男)が入ってから少しは向上したのですが、相変わらずデジタルには「見て見ぬふり」の状況が続いておりました。

「そんな状況を打開してくれるのは長男しかいない!」と白羽の矢を立てスカウトして見たのですが、やはり不安も計り知れないほど溢れておりました。

その不安要因は、もちろん発達障害のこともありますが、10年前に別離してから月に1回の食事くらいしか向き合ってこなかった親としての怠慢ゆえに、親子として、主従として、うまくやっていけるのか心配でたまりませんでした。

それでも蓋を開けてみるとプラスしか見当たりませんでした。

性格上なのか、仕事はやり遂げないと気が済まないようで、

「今夜は遅くなってしまったから、ベースアップ遠隔の報告メール、明日でいいよ」

と言っても、

「いや、今日の分は送ってしまわないと気が済まない」

と言って、先日などは夜中の2時台まで送信しておりました。

もしご迷惑をかけた方、気を悪くされた方がおられましたらお許しください。


そんな「少し空気読めないところ」も時々ありますが、しかしとにかく、真面目で、一生懸命で、完璧主義で、頑張り屋であります。

1ヶ月半、そんな彼を間近で見て「発達障害」という病名を診断されたその意図を考えさせられました。

と言うか、そもそも「発達障害」って何?ってことも改めて考えてしまいました。


確かに個性的です。でもこの個性は私にとって、研究所にとって、多いに役に立ってくれています。

そして他のスタッフたちの癒しにもなってくれています。

親バカかもしれませんが、どうしても病気とは捉えられません。

本当にこの子たちの親で良かったと感謝しております。

この職場で「私の良きエネルギー源」として2人とも楽しく幸せに働いてくれればと願っています。


※お知らせです

ベースアップ遠隔において「軸」の種類が「9種類→12種類」に増えました。

運気軸、天界軸、地界軸、の3種が新たに加わりました。

詳細はホームページの「新しいご案内欄」をクリックしてみてください。特に現在「お子様コース」を受けて頂いてる方は一読のほどお願いいたします。



続々と始まります!
既にホームページにアップしている「サポート遠隔」ってご存知ですか?

10月15日から正式に開始となる「サポート遠隔」とは、

・「来院」もしくは「電話・オンライン遠隔の方」限定で
・さらに次回のご予約を入れて頂いた方にのみ
・次回施術までの期間中に
・患者様に決めて頂いた回数分を
・1回500円にて
・写真による遠隔で施術し
・効果を持続させること

を目的に作られたコースです。

要は「アフターケアスティック」の「施術バージョン」と考えて頂ければ良いかと思います。

「前回、施術してもらってから2〜3日は調子良かったけど、またすぐに元の状態に戻ってしまって…」と感じた経験のある様な方には特にオススメのコースだと思っています。



そして『11月1日』からは、さらに新たなコースが開設される予定になっております。

それは1ヶ月前から始まっている『ベースアップ遠隔』の「お子様コース」の内容を基本とした、

「ベースアップ遠隔 大人コース」
「ベースアップ遠隔 ペットコース」
「ベースアップ遠隔 痩身コース」

の3つのコースであります。


この「ベースアップ遠隔」をお子様に1ヶ月間施させて頂きましたが、今までにないエネルギーとの向き合い方、患者様との信頼関係、新たな感覚と手応え、など多くを学び掴むことができました。

今までの通常のERTだけでは安定させられなかったエネルギーの乱れを「底上げ(ベースアップ)」することにより明らかに強靭性と安定性と柔軟性がエネルギーに宿ってくることも実感致しました。

さらに「通常のERT施術と併用することで生み出される相乗効果」には「確信」に近いものを感じることが出来ましたので、現在この特殊な診方と施術方法を5人のスタッフにじっくり伝授しております。

新たに始まる予定の「3つのコース」において「お子様コース」との相違点はいくつかありますが、その詳細は近々ホームページにアップさせて頂く予定にしております。

「いつ、大人もしてもらえるの?」

とお尋ね頂いた多くの方々、どうぞ楽しみにお待ちください。

心の声
「お子様おまかせ遠隔」(改名 お子様用ベースアップ遠隔)を始めてから今日でちょうど1ヶ月が経ちました。

「お子様方」と「通常診療の患者さん」を合わせれば毎日「計120人」ほどの患者さんを診させて頂いておりますが、不思議なほどに疲れはなく、只々幸福感に満ち溢れている私であります。

時間にすれば「1日に16〜18時間」は施術に費やしてますが、極限まで集中すると不思議なものが見えたりします。

それは「写真のお子様の表情が変わって見えたり、様々な方向に動きながら私に何かを伝えようとしてきたり」みたいな感覚で捉えることがあるのです。

例えば起立状態で写っている写真のお子さんが「痛い表情をしながらお腹を両手で抱えたり」「泣きながら首を横に振ったり」「苦悶な表情で腕を掻き始めたり」と、訴えて来られる内容は皆それぞれなのです。

そしてこの1ヶ月間、延べ1800人ほどのお子様の写真と対峙し一番多くお目に掛かった動作と言えは『悲しそうな表情で両耳を塞ぎながらしゃがみ込むような動き』をされるお子さんでした。


私が見えてるものはその子が持つ「オーラ」であり「心の状態エネルギー」とも呼べるエネルギーかと思います。

心は「声」に匹敵する波動を出しています。

しかしそれは言葉としてではないので聴覚や大脳で理解できません。

されど、心同士では心の声を受け取ることができると考えています。


検査によると「耳を塞いでしゃがみ込む動作」の意味は人それぞれ違っていましたが、強いて言うならばご両親からの心の声に重圧やストレスを感じ、心がフリーズされているお子さんが多かったように感じています。

そして、心のフリーズは様々な心身の症状へと現れてくるのです。


今回のベースアップ遠隔を始めて改めて『心の声を感じ、心のエネルギーを輝かすことが如何に大切か!』を痛感いたしております。
Copyright © ERT院長ブログ. all rights reserved.