FC2ブログ

新たな試み第二弾 『IT化計画』
本日、パソコンに長けた『知り合いのS氏』を研究所へと招待いたしました。

用件は「研究所のIT化計画」に対する意見を聞くためであります。

私の考えでは、今後スタッフの在宅勤務が増えることを想定すると、近々必要になってくるシステムは、

「オンライン予約」

「電子カルテ」

の2点かと思っています。

その辺をいろいろ『S氏』に伺ったところ、「オンライン予約」については「研究所の施術コースが多様化しすぎていて困難」との理由から『全てのコースではなく限定的なコースのみの活用』となりそうです。

そして「電子カルテ」においては簡易なシステムながら、診療スタッフが各自タブレットを持ち、いつ何処にいても「患者さんの最新かつ詳細な情報」を共有出来る様になるとのことです。

実用化までにはまだ少し時間がかかりそうですが、今後遠隔診療においても必要な方には「タブレットを通してお顔を見ながら…」となる可能性があるかもしれません。

とは言えこの「IT化計画」の試み、実は私のもっとも苦手とする分野でもあります。

どこまで時代に即したものを取り入れられるか、楽しみでありますが、その何倍も不安がいっぱいな私でもあります。


新たな試み第一弾『早朝診療』
6月が始まりました。

日本が再び活気溢れる日常を取り戻すには、誰もが「チャレンジャー」になる必要があります。

「固定観念」や「既成概念」だけでは成り立たないご時世において、

『考え過ぎるより、とにかく始めてみること!』

が大切だと感じています。

このようなお話しを昨日のミーティングにて皆に伝えてみたところ、早速『優雅先生』が手を上げ、

「まだまだ研究所への貢献度が低い僕なので、早朝診療をやらせてもらえませんか?」

との意見を申し出てくれました。

「やる気エネルギー」「チャレンジエネルギー」は心地良いものです。

私は一つ返事で了承し、詳細は優雅先生に一任することに致しましたが、既に昨日のうちにホームページにもアップされてたようです。(是非コチラをご一読下さい)

現在『私を含めて13人のスタッフ』で研究所は回っています。

これからも「13の知恵とアイデア」による『新たな試み』を活かしながら、皆様の心身の健康に役立てられればと思っています。

Copyright © ERT院長ブログ. all rights reserved.