FC2ブログ
06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

浜辺でお仕事 

「魂」に導かれるまま早朝から車を飛ばして『須磨海水浴場』まで行ってまいりました。

何年ぶりの海だろう?

片手にパソコン、片手に水着を持って砂浜に行くと、昔では考えられない『お洒落な海の家』が数軒立ち並んでおりました。

「これはカフェレストランか?」と思うほどの造りと、ビキニ姿のウエイトレスさんに思わず引き込まれてしまった私は、優雅なソファーに腰掛け、格好良くカルピスを飲みながらパソコン仕事に精を出してみました。

「波と風と塩のエネルギーを浴びながらの仕事が、こんなに捗るとは!」

そう感じながら、本日午後からの「スタッフ勉強会」に向けたレジュメ作りに没頭いたしました。

あっと言う間に太陽が真上から照らし始めたので、水着に着替え、海と砂と、そしてカニと戯れてまいりました。

花火大会と同様、「魂の真意」を理解するには到らなかったのですが、若いお姉さん達に聞いたところ、この素敵な海岸沿いのお店は「夜の9時まで」営業してるそうです。

そして夜は雰囲気最高で、さらに盛り上がるんだそうです。

今日のところは昼過ぎにその場を離れたのですが、この続きは金曜の夜にでも体感してみようかな〜と思ってしまいました。

久しぶりの非日常、そして自然と若さと活気溢れるエネルギーに触れたせいか、本日の「スタッフ勉強会」はキレッキレで講義することが出来たようです。

その分、スタッフにはかなりの重圧と難題を与えてしまったようですが…

カテゴリ: プライベート

tb: --    cm: --

夏本番! 

症状改善に向けた情報収集の方法として、患者さんの「臓器」や「筋肉」や「皮膚」に対し『まるでお話しする様な感覚』でエネルギーを交流させながら施術に活かしております。

これを「エネルギーで会話する」とも言いますが、それとは全く別次元で、最近私に時々話しかけてくる「2人の何者か?」が『眉間の奥』と『右耳の直ぐ横』から何やらシグナルを送ってきます。

ERTでは「魂」や「守護精霊」とも呼んでいるエネルギーですが、4月頃から私の一日の診療人数が50人近くに増えている影響なのでしょうか?エネルギーが超過敏になってしまった様で、マジ「言語化波動」に悩まされております。

さて、その2人の内の1人(守護精霊くん)はよくこう諭してきます。

「ブログなんて書く暇があったら研究・開発・臨床に集中すべし!ゴールはすぐそこまで来てるぞ!」

その言葉に触発されて7月は一心不乱に新たな世界を探究して参りました。

それなのに、ここに来て別のもう1人(魂くん)がこんなことを囁きかけてきます。

「この夏は花火を見にいくべし!海にも行くべし!きっと素敵な事が待っている!」

何を暗示してるのか?バカバカしいことでも意外と真に受けてしまう私は、早速先日の天神祭りの花火を見に行って参りました。

少し遠回りになるけど、家に帰る方向と同じなので仕事帰りにブラブラと…

なかなか壮大でロマンティックな花火ではありましたが、特に素敵な事も閃きすらも降りてこなかった感じがしております。

それでも梅雨も明け夏本番、無性にビーチが私を呼んでる気さえして参りました。

「魂くんの真意」を確かめるためにも、たまにはこの夏を楽しんでみようかと思っております。

素敵な事を期待しつつ💕

カテゴリ: プライベート

tb: --    cm: --

視界不良! 

7月攻勢のはずが、出鼻を挫かれた気分であります。

久々の「お話し会」も「講師業務」 も、納得がいかない出来栄えとなってしまいました。

人間「得手不得手」がありますが、やはり私は人前で話すよりも、施術法を開発したり、患者さんの症状と向き合っているのが一番性に合っている様に感じます。

7月に入っても相変わらず1日も休むことなく研究所に足を運んでおりますが、「アゲハ蝶」や「カエル」のように劇的な形態変化を遂げる術は未だ見つかっておりません。

そんな中でも先日、初めて私し「ユーチューバー」なるものに挑戦致しました。

「院長塾」に参加された生徒さんしか見れない「限定的な設定」にさせて頂いてますが、それでも閲覧数が50を超えたりすると、この初体験的な感覚にちょい嬉しくなったりしております。

さて、明日の水曜日は「月に一回の研修日」となり、研究所は全てクローズ致します。

この日を利用して3日間(17〜19日)院長は研究所を離れ、お休みを頂きます。

全幅の信頼を寄せている優秀なスタッフが5人おりますので、安心して修行してこようと思っております。

最近は「命に関わる症状」の患者さんも増えてきております。

その厳しい荒波に負けない波動を習得して20日からの診療に活かす決意でおりますので、ERTのさらなる成長をどうぞご期待くださいませ。

カテゴリ: 自分を省みて

tb: --    cm: --

ありがとうございました 

本日、無事に「第1回院長講話」を終えることができました。


大勢の方々にお集まり頂き、心から感謝致しております。


「広くなった待合室に、果たして30人以上の人が入りきれるのか?」


その心配が「取り越し苦労」であったことに今は安堵の気持ちで一杯です。


私にとっては初めてとなる「ホワイトボード」も「レジュメ」も「パワーポイント」も「デモンストレーション」もない、ただひたすら喋るだけの「講演会」であったためか、思ったより時間配分が難しく、なかなか思うような出来栄えでは無かったように感じております。


それでも温かい雰囲気を皆さんに作って頂き、そして皆さんの優しさと熱意に助けて頂いたお陰で、私自身は最高に楽しめた講演会となりました。


夏が終わる頃に第2回を考えております。


次回も多くの方々と素晴らしい空間を作っていけたらと切に願っておりますので、お友達やご家族とお誘い合わせの上、ふるってのご参加お待ち致しております。


本日は本当にありがとうございました。

カテゴリ: 研究所あれこれ

tb: --    cm: --

7月です! 

今年も早、後半に突入しました。

私にとっては「満を持して」の7月であります。

この10日間で、「スタッフ勉強会」と「院長講話」と「インストラクター講習会」と「院長塾」の4種の講師を務めさせて頂きます。

もちろん最も大切な「診療業務」に対しても疎かにする事無く、先月よりも更に一段ギアを上げながら満員の患者様に心とエネルギーを尽くして施術させて頂いております。

さて、「4種の講師」の中で私が最も楽しみにしている「院長講話」がいよいよ明後日に迫って参りました。

「院長がどうしてもお伝えしたいこと!」をこの講話の主旨にさせて頂いてますが、実は伝えたい事があまりにも多すぎて、未だに何をお話しするのか纏まっておりません。

健康のお話し、心のお話し、人生のお話し、患者さんのお話し、ERTのお話し、不思議なお話し、時節柄のお話し、そして持論・プライベートのお話しなど、お伝えしたいことが尽きないからです。

その中でも、なるべく皆様の心と魂に届くような「深くて、楽しくて、いい話」で構成できればと思っております。

リニューアルした待合室の「こけらおとし」となる「院長講話」、ご参加の方はどうぞお気楽にお越し頂きますよう、宜しくお願い致します。

心よりお待ちしております。

カテゴリ: 研究所あれこれ

tb: --    cm: --