FC2ブログ
03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

内省運 

尋常ではないほど「未来志向」な私は、普段から過去を振り返ることを殆どせず、未来ばかりを見つめながら日々を過ごしております。


そんな私が自分で作った『60種の運気ボード』を使って「今日の運気」を読み解いてみると「内省運」(足を止め、自分を省みることで運気が上がる)の波動に導かれていることが分かりました。


本日は平成最後の日だと知ってはおりますが、お正月やお彼岸と違って「平成から令和」への移り変わりには「大きなエネルギーの変動」は全く感じられませんので何の特別感も持っておりませんでした。


それどころかマイペースを好む私にとって、落ち着きのない世間のザワつきっぷりに嫌気さえ感じておりました。


しかし平成最後の日の運気が「内省運」と解ると話しは別であります。


私のこの30年間の全てを振り返らせてくれる最も大切な人に無性に会いたくなり、早朝から無理矢理誘ってみました。


私が3時から仕事のため、わざわざ京橋まで足を運んでもらい、ランチ&カラオケにて「自己を省みることの出来た感極まる3時間」を過ごす事が出来ました。


4月30日から5月1日にかけて地球規模のエネルギー変動は無くとも、各人の心に何らかの良き変化を目覚めさせるきっかけとなるならば、歴史の区切りもまた「良質エネルギーなのでは?」と強く感じております。

カテゴリ: プライベート

tb: --    cm: --

ほぼ同数 

連休中にもかかわらず、毎日大勢の方に研究所とERTをご利用頂き心から感謝致しております。


お陰様で私の連休中の予約は、殆どの日で「キャンセル待ち状態」となっておりますが、スタッフはまだ少し空きが残っております。


急な体調不良などの際にはスタッフ一同精一杯対応させて頂きますので、遠慮なくお電話してみてください。


さて、最近の私の「患者さん状況」でありますが、少し不思議な現象が起きております。


現在、1日「約40人」の患者さんを診させて頂いてるのですが、「来院患者さん」「電話遠隔の患者さん」「おまかせ遠隔の患者さん」の人数の割合がここ数ヶ月間、毎日ほぼ同数となっているのです。


この「3種の施術法」は特長や方法や効果において多々違いがあり、その事はよくよくご説明させて頂いております。


それでも多くの方々に3種とも長期的なご利用を頂けていることは喜びであると同時に不思議な感じがしております。


特に「おまかせ遠隔」は写真とイメージのみでエネルギーを操作するため、かなり不安定要素が多くなり、患者さんとの信頼関係も重要となります。


そんな「不確か?」とも感じる施術法でも、何らかの効果を生み出せているからこその多くのリピートを頂いているのであり、その事実がエネルギー療法への自信と勇気を深めてくれています。


「おまかせ遠隔」と名が付いているからには5月から空いてるスタッフを院長部屋に呼んで、必要な患者さんに対し「写真から施術できるシナジーテクニックを開発してみようかな〜?」などと思案しております。


患者さんの「健康」という利益に繋がることであれば、どんどんチャレンジあるのみです。


もちろん「電話遠隔でのシナジー対応」も現在研究中でありますので、どうか楽しみに今しばらくお待ちくださいませ。

カテゴリ: 研究所あれこれ

tb: --    cm: --

GWに突入する前に… 

いよいよ明日から10日間の大型連休に突入します。


この連休中の「5月1日」から研究所では幾つか「始動および変更」する事柄があります。


以前からお伝えしてきた内容と重複致しますが、この場で再度お伝えしておきます。


①院長、スタッフの診療時間が一部変わります。(ホームページでご確認ください)

②スタッフがシフト制になります。

③スタッフのSOS遠隔は無くなります。

④「毎月、1〜2日」完全休診日を設けます。(5月は3日と5日が完全休診日です)

⑤4月より試験的導入を行なってきた「シナジーテクニック」が本格的導入となります。

⑥シナジーテクニックを5月から初めて受けられる方の料金が「一回五千円」となります。(試験的導入期間から始められている方、および4月中にお申込みの方は、「7つの軸」が全て整うまで4千円のままとなります)


以上、始動・変更内容を簡単に纏めてみましたが、有難いことに⑤の「シナジーテクニックの受診」を希望される方や問い合わせを頂いている件数が日に日に増えてきております。


ですので、もう一度ここで簡単にご説明させて頂こうと思います。


「シナジーテクニック」は「通常のERTテクニック」とは一線を画しております。


「通常のERTテクニック」が目の前の症状を軽減させることに向き合った施術法とするならば、「シナジーテクニック」は「心身に元々備わっている『自分で治す力』を底上げし、通常のERTの効果を倍増させること」を目的としております。


そして「自分で治す力」を底上げするには『心身を元気で健康に保たせる7つの軸エネルギー』にターゲットを当て、乱れたり弱ったりしている軸を的確に見つけ出し、最長90分かけて「バシ〜ッ!」と矯正していきます。


しかしその「矯正」には「大きな力とエネルギー」を要するため、私1人ではなかなか上手く操作仕切れないのが現状です。


それを克服するために開発されたのがスタッフと私が共同でエネルギー操作を行ない正しい軸を構築することを目的とした『シナジー(相乗効果)テクニック』なのであります。


5月からは「私と5人の診療スタッフの内の誰か」の予約が『同時間に空いている所』であればいつでも予約頂けます。


オススメとしましては出勤スタッフの層が厚くなる「午後1時〜5時」の時間帯がご予約を取りやすいかと思います。


現在20人近い方が「シナジーテクニック」を継続中でありますが、軸の乱れの数が1人平均「5つか6つ」の方が殆どであります。


一回の施術で「1つの軸の矯正」しか施術許可がおりないため、5〜6回は通って頂くことが必要となります。


このシステムをご理解の上、「今より少しでも治癒力を高め症状軽減に繋げたい」と思われる方は、是非お問い合わせくださいませ。

カテゴリ: 研究所あれこれ

tb: --    cm: --

ガチンコとユルユル 

ERTではなるべく幅広いエネルギーの研究を心掛けております。


その中でも「シナジーテクニック」は『ガチンコタイプ』であり、「難病や慢性病や癌の方などの治癒力を高めること」を対象に研究開発された、まさに真剣勝負の施術法とも言えるのであります。


逆に明日から開催される「院長教室」でお伝えする様な「運気」や「性格」などを知るテクニックは「これって占いか?」と勘違いされそうな『ユルユルタイプ』であり、日々の生活を楽しくさせてくれる「ややお遊び的な施術法」だと言える気がしています。


どちらの分野も「大切な私の分身」には変わりないのですが、やはりERTの基本理念からすると『シナジー』などガチンコで症状改善と向き合った施術法の方が「私向き」でありパワーが湧いてくる感じがします。


さて、先ほどもお伝えしましたが、明日から4日間に分けて「第5回院長教室」が始まります。


今回も有難いことに既に満席(キャンセル待ち状態)ではありますが、ユルユルで楽しくてタメになるERTをしっかりお伝え出来ればと思っております。


ご参加方々、どうぞ宜しくお願い致します。

カテゴリ: 研究所あれこれ

tb: --    cm: --

世界に一つだけの椅子 第2弾 

年始から私が考案した「リラクゼーションルームの椅子」をご希望の方にご使用頂いておりましたが、本日から「ニューバージョン君」が登場致しております。

その名も「整え椅子」と呼んでおります。

早速本日ご使用頂いた方々(スタッフを含む)全員から「メチャいい!」と絶賛の声を頂けました。

今回は施術の前後どちらでもオッケーとなっております。

最適な刺激&ヒーター付きで、副腎から放出されるステロイドホルモンを活性化し、さらに7つのチャクラを安定させるようエネルギーを込めて作ってみました。

ご希望の方はお気軽にお申し出くださいませ。

20190416210000b52.jpeg

カテゴリ: 研究所あれこれ

tb: --    cm: --

新元号 

最近のERTの概念やテクニックは、スタッフにさえ言葉や文字で伝えることが難しいほどどんどん深く広くなってきております。

ゆえに、ひとりで抱え、ひとりで悩み、ひとりで切り開くことが多かった昨今では、楽しいはずの仕事に苦しささえ覚えることも多かったと感じています。

しかし一昨日よりスタッフと共に「シナジーテクニック」を始めてから、15年ほど時間が戻った気がしております。

今でこそ映画をシニア料金で観れるような歳になってしまいましたが、あの頃は40歳そこそこの「若さパワー」を醸し出しながら、白井先生、𥸮原先生、有田先生と共に無謀な戦いに挑み続けたことをよく覚えています。

いつの頃からか「院内独立」と銘打って各先生方が各部屋に籠るようになってしまいましたが、この「令和」と言う深い意味を持つ新元号が「研究所もERTも初心を振り返ってみては?」と教えてくれているような気がします。

2日間の実践の中で「和を施術に活かすこと」がこんなに素晴らしいことだったんだと改めて気付かされました。

それと同時に長年胸の奥に抱えていた大きくて重たいエネルギーが、急に「フッ」と消え去り、何だかあの頃の無限のパワーが復活してくる様な気分であります。

現在20名ほどの方がシナジーを受診もしくは予約頂いておりますが、今後一般診療と並行して受けて頂くことで最善の施術効果が現れる様、スタッフ一同力を合わせて頑張ります。

カテゴリ: 研究所あれこれ

tb: --    cm: --

「シナジーテクニック」を始めるにあたって! 

西洋医学はとても頑固です。

癌であれアレルギーであれ精神疾患であれ、全ての治療における基本理念は「薬品・手術・精密機器」などの「物理的且つ化学的発想による解決法」から絶対にブレない強さを持っています。

この頑固さには敬意を払うべきです。

ERTもやるからには今の時代に逆行していようが、頑固に「エネルギー的概念」に信念を持って突き進むべきだと常に考えています。

そしてその頑なさを前面に出しながら患者さんに向き合うのが「シナジーテクニック」だと思っています。


さて15年前から「ERTの基本はエネルギーの乱れを開放すること」だと謳ってきました。

この理論に従い、シナジーでは「7つの軸の安定」が「エネルギーの乱れない強い心身を作る」という方向性で施術を進めます。

シナジーは主に「慢性疾患に苦しまれている方」であり「何とか今の状態より改善・打開させられるような自分になりたいと願っておられる方」が対象となります。

そして1回の施術で整える事の出来る軸は、『最優先の1つ』が限度となります。

その1つの軸をあらゆる方面から検査し、スタッフと共に開放しながら強化させ安定へと導きます。

ゆえに7つの軸が全部乱れている方なら、最低でも7回はご来院願いたいと思います。


7つの軸が安定することで何が変わるか?

それは本来ご自分が授かっている『自己治癒力』と『潜在的能力』がマックスとなり、自分の力で最善の健康状態を作り出せる力を得られることと確信しております。

そして、この状態で通常のERTを受けられることで健康の維持・増進が益々手に入れやすくなることでしょう。


≪では7つの軸について簡単にご説明します≫

★地球軸=地球に住む生命体として、重力・大気・あらゆる自然との正しい循環を行なう軸

★遺伝軸=父と母の遺伝子エネルギーが体内でバランスよく融合し正しい働きを行なう軸

★身体軸=様々な生体反応(免疫・伝達・分泌)が各臓器や神経にて正しく営まれている軸

★時間軸=停滞感情・念・トラウマなどで乱れる事のない人生の流れを正しく進んでいける軸

★精神軸=7つのチャクラが安定し、感情豊かで人間性に溢れる様、正しくい成長を司る軸

★心力軸=心の光エネルギーが血液と同化し、身体が持つ健康保持能力を正しく安定させる軸

★転生軸=次元の違う虚界エネルギーとのバランスを保ちながら正しい繋がりへと導く軸


上記の7つの軸の内、1つの軸を限定し、シナジーテクニックでしっかり安定させます。

その後少しインターバルを取って頂き、この軸が更に安定するようにスタッフが2重3重の「負荷療法」を院長の指示にて行ないます。

最後に「自宅での自己治療アドバイス」をさせて頂き、その日は終了となります。


早速明日から4人の方に相乗効果のほどを味わって頂きます。

最初の内は全員が慣れないためバタバタするかとは思いますが、この新しい試みにスタッフ一同精一杯チャレンジ致しますのでどうぞ宜しくお願い致します。

カテゴリ: ERT理論

tb: --    cm: --

年度替わりの改革 〜最終回〜 

本日のスタッフ勉強会でようやくシナジーテクニックの「練習モード」が修了し、いよいよ来週から「実践モード」に突入することになりました。


過酷な修練にもかかわらず、この1ヶ月のスタッフの頑張りには頭が下がる思いであります。


長い期間を経て体制が整った「シナジーテクニック」の概要をお知らせしたいと思います。


【シナジーテクニックとは】

★「難病や慢性病など様々な疾患で苦しまれている方」を対象とした治癒能力向上テクニックです。

★複数人の施術者が同時に、もしくは時間差で患者さんにエネルギー療法を行ない、今までにない様な相乗効果を高めることを目的としたテクニックです。

★一回の施術時間は短いですが、インターバルを挟みながら何度もチェックと施術を繰り返し、エネルギーの乱れか安定するまでとことん繰り返し行なうテクニックです。


【試験的導入について】

今までの研究所でのERTは時間制による一回きりの施術が殆どでありましたが、それでは正常に開放したエネルギーが短期間で乱れてしまうことが多いことが分かってきました。

急性期の症状なら一回きりでも直ぐに改善へと向かうのでしょうが、ERTの基本でもある「慢性的疾患の症状改善」を実現するには週に一回程度の施術では劇的な改善を生み出すパワーが不足している様に感じております。

そんな現状を打開するために作り出されたこの「シナジーテクニック」を、いよいよ4月12日から試験的導入することが決定致しました。


【試験的導入の詳細】

現時点で決まっている内容は以下の通りです。

★受けて頂くにあたって…
来院して頂ける方限定となります。
そして慢性的疾患および辛い病気や症状で苦しまれている方、
さらにERTの主旨と概念を理解し、症状改善に自力で向き合おうとしておられる方、
にご利用頂ければと願っております。


★日時
4月12日 10時半から12時
4月13日 2時から3時半
4月17日 2時から3時半
4月20日 2時から3時半
4月23日 4時半から6時
以上の5日間とし、すべて「90分枠」にて行ないます。

★場所
基本スクール部屋にて行ない、「インターバルの間」や「院長指示によるサブ施術」などは担当スタッフが各自の部屋に案内して行ないます。
なお、スクール部屋でシナジーテクニックを行なう際には、「院長」プラス「常時2〜4人のスタッフ」が共同で対応させて頂いておりますのでご了承ください。

★人数
予約制により、各日時において4〜5人限定と致します。

★施術時間
最短で20分、最長で90分
とさせて頂きます。
その日の症状、状態、施術の回数、進行状況により時間は変わりますのでご了承ください。

★料金
試験的導入期間の4月は、院長料金と同額の
「4000円」(税別)
と致します。


★最後に…
シナジーテクニックをオススメする理由として、
・公開施術の様に院長が施術内容を細かく話しながら施術するため理解しやすいこと
・可能な限り、インターバルを取りながら何度も繰り返し多角的に施術すること
・最大3人の施術者が同時にエネルギーを送ることで、相乗効果が期待出来ること
・必ず担当スタッフが1人付くため、安心感がありコミュニケーションが充実していること
・さらに次回来院までの全スタッフによる画期的なアフターフォローを受けて頂けること(別途料金がかかります)


以上が今回試験的に導入される「シナジーテクニック」の概要であります。


5月以降、どのようにシナジーを通常診療に組み込んでいくのか、もしくは4月だけでポシャってしまうのか、先のことは未定だらけでありますが、私の願望としてはいずれ全診療時間の3分の1が通常診療、3分の1が遠隔診療、3分の1がシナジー診療、へと移行していければと思っております。


以前にもお伝えした「シナジーテクニックを開発した大きな理由の1つ」が『後進育成』でもあります。


私の15年間の思いが詰まったこのシナジーテクニックを用いて、「多くの患者様」と「5人のスタッフ」に大きな素晴らしい成果が現れるよう頑張りたいと思っております。


ご予約、お待ちしております。

カテゴリ: 研究所あれこれ

tb: --    cm: --