FC2ブログ
04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

認知症と心② 

心の輝きや膨らみを保つには様々なスイッチが必要です。

中でも、大切な1つの要因として、

「脳内麻薬(ホルモン)を出すことを日々好んで行なっているか?」

と言うことが大切となってきます。


仕事でも、
料理でも、
孫の世話でも、
旅行するにしても、
テレビドラマを観るとしても、


脳内麻薬が出ない行動は、脳が低下します。


どんなに一生懸命仕事してもストレスホルモンばかりがでるようではいずれ脳が萎縮していく可能性があります。


美味しいものを食べたくて食べたくて料理するのと、義務的にするのでは、大違いです。


テレビドラマを観るなら、好みの異性が出ているような番組の方が細胞を活性化させます。


年齢がいくほど、本能的欲求を大切にし、自力で『良質の』喜びや快楽や興奮を引き出せるような行動を心掛けてください。


そうすることで心が輝きながら膨らみを保ちやすくなり、脳が毒や電磁波などに負けない元気な状態を維持できるのです。

カテゴリ: 症例報告

tb: --    cm: --