FC2ブログ
04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

認知症と心① 

50代〜60代の患者さんをとても多く診させて頂いてます。

その内の約3人に1人の方が

「最近、頭の働きが悪くて…」

と言う症状を訴えられます。


その原因の大半は、ここ近年の「大気汚染」の影響により、脳内に一過性の伝達障害が引き起こされたのだと思っていますが、ただ「同じ大気の毒」を吸い込んでいても、伝達障害が起きる人と起きない人がおられるのは、明らかに「心の状態」が絡んでいるのではないかと思っております。


明らかに病名として「認知症」を患われている方の「心エネルギー」には輝きや膨らみが欠乏しています。


そのような心の状態と似た波動を「上記の患者さん方」から日々の臨床で感じられるのです。


つまり、「心に輝きや膨らみ」が少なくなってくることが『認知症を患いやすくなる1つの要因』であることは間違いないと考えております。


では、「心の輝きや膨らみ」とは一体どういうことなのでしょうか?


    つづく

カテゴリ: 症例報告

tb: --    cm: --

基本の意志 

「オトン、研究所のスタッフって、全員いっつも笑ってるよな〜」

息子が昨日そう申すので、

「ERTに携わる者にとって『笑顔』は基本中の基本、よ〜く覚えときや!」

と、諭しておきました。



『ERTは日々進化してます』

なんて事をよくブログなどで豪語しておりますが、テクニックがどんなに進化しようと、それを術として扱う者の波動が「曇って」いたり「ピリピリ」しいる様では、効果など出るはずもありません。


『育成スクール』の第1回目においても、まず私がその事の大切さを『強く強く』そして『懇々と』お話し致します。


ERTの基本は、経絡でも、チャクラでも、エネルギー操作でもありません。


ERTを施す者としての基本中の基本は「心の幸せ波動」を出し「楽しむ気持ち」を忘れずに「感謝と敬意」を持って患者さんに向き合うこと!


それには、笑顔が必須であります。


苦難を抱えていても、体調が悪くても、ツイていない事が続いても、


『この基本を精一杯大切にできない者はERTを施さざるべからず!』


お弟子さん方にはこの『基本の意志』を常に心に宿しながら学んで頂いております。

カテゴリ: 研究所あれこれ

tb: --    cm: --

年齢 

最近「イケメン」という言葉を何度も耳にします。

とても耳障りな言葉であります。

これは決して親バカではありません。

マジで息子を1度も「イケメン」なんて思ったことないのに、毎日のように患者さんや生徒さんから

「びっくりしました~!息子さんイケメンですね~!」

というお言葉を頂きます。

それだけならまだいいのですが

「奥さん似で良かったですね~!」

て言葉も何度も頂き、とっても「ひねくれ者」になりかけております。


ちなみに、息子は子供の頃からアトピーが酷く、ここ数年ERTを受けるようになってマシになっておりました。

とは言え、首や額は痒みもひどく、皮膚も赤く盛り上がっております。


そんな息子に先日あるテクニックを教えてやりました。


ERTでは共鳴の時に「魂」に対し「今何歳ですか?」と年齢をエネルギーで問いかけ、きっちり患者さんと共鳴できているかを確認します。


その進化バージョンで「肉体年齢」と「精神年齢」を聞く方法を最近開発したため、息子に伝え自己検査させてみました。


結果、現在「25歳」の息子の「肉体年齢」は「34歳」、「精神年齢」は「16歳」と、私の見立てと同じ答えを出しておりました。(これには少しびっくり!)


その後、チャクラを使って「実年齢」と合わせる方法を伝授したのですが、それから1週間も経たない間に、アトピーが急激に改善しておりました。


本日、休憩時間に

「肌ツルツルしてきてないか~?」と指摘すると、

「年齢合わせてから、メッチャ調子いいねん!」

と申しておりました。


これを『怪我の功名』とでも言うのでしょうか?

意外な結果に、研究意欲がさらに湧いてくる私でありました。

カテゴリ: ERT不思議話し

tb: --    cm: --

専念! 

「3つのスクール」も順調にスタートし、3人プラス1人の診療スタッフも日々「成長と進歩」を遂げております。

彼らの頼もしさを見ていると、私の心にも少し「安堵」が訪れ、肩の上に乗っかってた「重圧」が薄れてきた気がしています。

ようやくこれからは本来最も私が精魂を込めるべき「診療」と「研究開発」に、今の何倍も力を注げると喜んでおります。


ERTの良いところは「常に成長と進化」を遂げているところだと自負しています。


最近では「患者さんの症状」に対して、目を向けることは減っております。


では、何に目を向けるのか?


それは「症状」では無く患者さんの持つ「エネルギーの質」であります。


「質」には「性質」「気質」「素質」「体質」「基質」など、いろいろな言葉がありますが、ERTの『1つの概念』として、人間は特有の

「魂の素質」
「心の性質」
「体の気質」

の波動を授かっており、この3種が上手くバランスを取りながら健康を維持していると考えています。


そのバランスが、質の低下、質の変性、質の粗悪、などにより「歪」を生じた結果として様々な症状を引き起こします。


ゆえに、患者さんにとっての「最良の状態の質」に整え、変換し、高めることが健康への近道と信じ、研究を進めております。


近年ネットが普及し、様々な病気や症状に苦しまれている方の「画像(お写真)」を何万件と見ることが出来ます。


毎日何十人・何百人とその方々の「エネルギーの質の状態」を研究させて頂くと、多くを知ることが出来ます。


現在「癌の方」と「アトピーの方」の「良くない質のパターン」を私なりに明確化出来ております。


これをどのように「症状改善」に結びつけていくのか?


今後その答え探しに没頭できる時間が確保できたことを「スタッフ一同」に感謝です。


まだまだ微力ですし時間がかかるかもしれませんが、「真の健康回復への鍵」を探すために進化し続けたいと思ってます。

カテゴリ: ERT理論

tb: --    cm: --

2人の美女 

常日頃から、研究所に来られる患者さんは「美人さん」がとても多いと感じております。

スクールに来られる生徒さんも、ビックリするほど「美人さん」ばかりであります。

スタッフも「綺麗どころ」が揃っております。


それだけでも仕事が楽しくて気分良く毎日を頑張れておりますが、中でも特に「この人綺麗で素敵やな~」と思える女性が2人おられます。


その内のお1人は昨日、もうお1人は本日、私の治療を受けに来て頂けたので、とても幸せな気分であります。


ただ残念なことに、そのお2人には既にご主人がおられます。


さらに残酷なことに、そのお2人のご主人とは、私の弟子であります。


なぜ、うちのスタッフはあんなにお目が高いんだろう?


「羨ましい~!」と心から叫びたくなるほどマジお2人とも綺麗で優しくて神秘的な女性であります。

カテゴリ: 研究所あれこれ

tb: --    cm: --

ERT救急箱① 

4月から「一般向けの方」対象にて始まった「簡単活用コース」でありますが、来週あたりからぼちぼちと『15種の各論講座』に突入される方がおられます。

この「簡単活用コース」の内容は、昨年度の「育成コース卒業生」の方対象に行なっておる『インストラクター養成コース』にてしっかり概念とテクニックをお伝えしているのですが、すでに学ばれた2人の先生方からは、

「この内容を私たちが地元で講義を開くとしたら、『簡単』と言う文字を外してもいいですか?」

と仰られておられました。

このお2人がそう言われたのもうなずけます。

私が数ヶ月、悩みに悩んで開発したこの「一般者向けのERT」は、『育成コース』など、プロの先生が行なう方法とは全く違ったアプローチ法なのであります。

冷静に見直せば、やり方自体は『育成コース』などに比べ「かなり簡単」だと気づくのでしょうが、その内容が「楽しく・深く・そして興味をそそられる」ものに出来上がっており、ゆえに2人の先生方は、その奇想天外な発想にビックリされて「難しい!」と思われたのでしょう。

学べば学ぶほど奥が深く、しかし練習すればするほど簡単に使いこなせるような構成にしております。

最低この15項目を学んでおけば、むやみに薬局に走ることや、病院に駆け込むことが、極端に少なくなると断言できます。

『座ったままで施術ができ、エネルギーの石や写真も不要なのに、手や指を使うだけでこれだけのことが解り、あっという間にこれだけのことが出来て、これだけの効果を得られるんだ!』

と言うことを、一人でも多くの方に知って頂きたくて、暫くはこの素晴らしい『ERT救急箱』のお話を書かせて頂こうと思っています。

カテゴリ: スクール関連

tb: --    cm: --