世代交代!

本日の「スペシャリスト育成コース(日曜バージョン)」は、水曜日バージョンと比べてみて、3人の診療スタッフの出来栄えは『なかなかのもの』でありました。

3人ともが持ち味を発揮し、活き活きと、熱弁を振るっておりました。

そこには「笑いあり」「涙あり」「感動あり」と、昨年までの『私1人講師』の時よりも数段活気に溢れていた気がします。

さらにその3人を、今年からは「優先生(息子)」がフォロー役に回り、息ピッタリとも言える絶妙なバランスを保っておりました。

終わった後の反省会でも、私以上に3人に対し意見と評価を述べていた「優先生」でもありました。


今日のこの4人を見ていると、「世代交代」のエネルギーを強く感じた次第であります。


水曜日は少し不安がよぎりましたが、本日の出来栄えなら「もう任せられそうかな!」と、嬉しさが込み上げてきております。


プロフェッショナルの方が多い今年の育成コース、その吸収力の速さにスタッフ全員舌を巻いておりましたが、それもこれも『伝え方の的確さ』が引き出した結果だと思っております。


この1年間の後半部分あたりからは、「レベルアップを目指す第1期の生徒さん」も何人かは『再受講』のため合流されることでしょう。


老兵は5歩下がり、若々しいエネルギーに一新された「育成コース」をどうぞご堪能あれ!

良質の変わり者!

「先生は行きたいところありますか?」
「見たいものはありますか?」
「したい事はありますか?」

先日、ゴールデンウィークに『海外旅行』に行かれる予定の患者さんからこのような質問をうけました。

「行きたいところは、光の奥かな~」
「見たいものは、光の本質かな~」
「したい事は、光の探求かな~」

このように即答させて頂くと

「やっぱり先生は変わり者ですよね!」

と、レッテルを貼られてしまいました。


もちろん「光」とは、私の目指す場所であり、ゴールであり、必ずたどり着いてこの手に掴みたいものの「例え」であります。

しかしその後、何度考えてみても患者さんからのご質問のお答えとしては、「この光」しか浮かびません。

「海外旅行や国内旅行」も、「素晴らしい景色や音楽や食事」も、「身になるような習い事」も、「世間で『遊び』と言われているような事」さえも『答え』として一瞬すら脳裏を横切りませんでした。


最近、目を閉じて瞑想していると、確かに以前には見えなかったような「光」が眩しいほど感じる事があります。

もしかすると「目指す境地」は近いのかもしれません。


人から何と言われようとも、「良質の変人」を貫きたいと思っております。

いよいよ…

いよいよ『第2期育成コース』のスタートです。

今回は「総勢9名」の新しい生徒さんと共に、過酷で楽しい1年間を過ごす事になりました。

「9名」のプロフィールを覗いてみると、お一人を除いた「8名」が何らかの形で医療関連に関わっておられるスペシャリストであります。

中には高度な医療知識を持っておられる方も来て頂けるとのことで、身の引き締まる思いです。


とは言え、ERTは独自性と創造性と進化性を兼ね備えた、楽しくて自由な治療法であります。


どんな医学的、科学的理論にも捉われない、『私流の独特なワールド』を余すことなくお伝えしていくつもりでおります。


ところで今回の「育成コース」の講師は、私と診療スタッフの3人(計4人)で行います。

皆、自分の分担の準備に張り切っておりましたが、昨日の初回(水曜日バージョン)の蓋を開けてみると、緊張と意思疎通不足からか、「大空回り」してしまいました。


しっかり反省と修正をして、ERTの素晴らしさを伝授すべく、日曜日も気合いを入れて頑張りたいと思っています。


ちなみに、かなり「しつこい」とは思いますが、お知らせです。

*今週の土曜日(4/29)の午前中まで、「第2期育成コース」の受講生を募集しています。

 もし、未だに悩んでおられる方がおられましたら、まだ間に合いますのでご連絡してみて下さい。
 
 今年度は、この日が最終受付となりますのでご検討してみてください。

親子愛?

「そんなにやる気があるなら、地獄のような職場を紹介しようか?」

と、鍼灸学校に通うことになった次男に言ってから1ヶ月が経ちました。


今のところ、思ってたよりも真面目に、誠実に、才能をフルに使って、研究所とERTのために「丁稚奉公」しております。

そのせいか、受付嬢スタッフの面々からは「可愛い~!」なんて言われながら重宝されておるようです。

診療スタッフからは素晴らしいご指導を頂いているようでもあります。

患者さんからも、「院長が整形して若返ったかと思った!」なんて言われながら温かく接して頂いているようです。

親として、心から感謝しております。


それでも私は厳しい鬼軍曹を貫いております。

「研究所では微塵も親子だと思うなよ!」

「誰よりも厳しくシゴくから覚悟しろよ!」

そう何度も言い渡してあり、実際この2週間、彼の前で「ニコリ」ともした覚えがありません。


しかし、不思議なことにスタッフからはどうも評価が違うようです。


「院長、デレデレですやん~!」

「息子さんに気を使いすぎと違いますか~!」

「こんな優しい院長、初めて見ましたわ~!」


そんなはずではないと思うのですが…

気合の4月

今年の「年度替わり」は格段に落ち着きのない研究所であります。

本日は「診療スタッフ4人+診療スタッフ見習い」の5人が揃い、「決め事」などを空いた時間に話し合う予定でありましたが、有難いことに全員が「超満員」の患者さんの診療に追われ、殆んど会話もなく一日が過ぎてしまいました。

スタッフ全員が自分のやるべきことに対し、精一杯向き合っている姿は感無量ですが、しかし余裕の無さが少し心配でもあります。

こんな時こそ、「大将」の私がしっかりと統括し、「気合」を入れねばなりません。

受付スタッフも含め、全員の「エネルギー(気)を合わせ」ミスなく4月を乗り越えたいと思っています。

それでも至らない事、足らない事など、何かお気づきの事などがあれば、いつでもお申し出下さいませ。

3つ目のスクール 《最終案内です!》

いよいよ3つ目のスクール「スペシャリスト育成コース」が6日後(4月26日)に始まります。

1年を通してガッツリと心を突き合わせながら、『我々と志を共にして頂ける真のERT施術家』を育て上げる事を目的とした「本格的スクール」であります。

新しい生徒さんと、そして第1期の再受講の生徒さんのを交え、さらに今回からは講師も「私と3人のスタッフ」が力を合わせながら頑張らさせて頂く予定になっております。

つきましては、ギリギリ前日まで『受講して頂ける方』を募集致しております。

「興味があるけど迷っている…」
「果たして、自分についていけるのか!」
「受講希望だけど、経済的事情で断念せざるを得ない…」

と言うような方がおられましたら、まだ間に合いますので是非1度ご相談してみて下さい。

締め切りはスクール前日の「4月25日、午前中まで」であります。

苦肉の策

この一週間、かなり無理をした気がします。

「産みの苦しみ」と言ってしまえばそれまでかもしれませんが、最終的には「計50ページ」は超えるであろう今回の「インストラクターコース」のレジュメ作りは、かつて味わった事が無いほど過酷でありました。

その分、素晴らしい内容になったと思っておりますが、スタッフや生徒さんからの感想は『難しすぎる!』と、少し不評のようです。



さて、この一週間、明らかにオーバーワークの身体の疲れをとるために数回お世話になったリフレッシュ法が、ERTでもなく、スーパー銭湯でもなく、マッサージ屋さんでもなく、家電量販店の『エディオンさん』でありました。

「健康グッズコーナー」に置いてある数台の「マッサージチェアー」、中でもパナソニックの『リアルプロ』にはどれほどお世話になったことでしょう!

マッサージチェアーに乗りながら、その刺激や振動を利用して「エネルギー開放」すると、驚くほどの疲労回復が出来ました。

本日も6時間に及ぶ「インストラクターコース」を終えた帰り道、迷惑なことは重々分かっておりますが、(今日が最後だからゴメンなさい!)と念じながら「セコイ奴!」になって参りました。

2つ目のスクール

明日から、いよいよ「インストラクターコース」が始まります。

このコースのみ「院長ガッツリ個人レッスン」と銘打っておりますが、計6回のうち「第1回目」だけはスタッフが講師をします。

また、一応「個人レッスン」ではありますが、現在受講資格のある24名全員が先日「育成コース」を卒業された「お弟子さん」ですので、出来れば「誘い合って」の受講お願いします~!

講義内容は「簡単活用コース」が主となっており、無事にインストラクターになられた暁には、地元各地で「簡単活用コース」を開催して頂けることになっております。

レジュメも計6回のうちの「第3回」までは出来上がっておりますが、スタッフ曰く

「院長、今回の内容は、この10年のERTの常識を覆してしまいましたね~」

と、目をまん丸にしておりました。

明日からがとても楽しみで仕方ありません。

常に成長とチャレンジを志して頑張ります。

質を変えるために!

本日は診療スタッフが4人、勢ぞろい致しました。

昼に2時間割いて『スタッフ勉強会』を行なったにも関わらず、スタッフ3人の本日の患者数が「計35人」と、昼食をとる暇もなく頑張っておりました。

ところで、本日の『スタッフ勉強会』での講義内容の一つでもあったのですが、最近の研究において「患者さんのエネルギーの質を変換する」というテクニックを開発致しました。

慢性病や難病の方で、魂や心や肉体の許可が降りた方限定で行なっているのですが、施術効果を高める目的で、本来その方が持っておられるエネルギーの質を『より良い方向』に変えさせて頂いております。

ただし、このテクニックは今のところ私しか出来ないため、今後『スタッフが担当させて頂いている患者さん』におきまして、「質を変える」必要のある方は、スタッフの要請により『私』がさせて頂くこともあるかと思います。

その際は、いきなりスタッフ部屋にお邪魔して「変換テクニック」を施術させて頂くことになると思いますので、ご了承お願い致します。

所要時間は「1~2分程度」であります。

神に感謝!

私が40歳の時、白井先生が私を見つけてくれて、「師弟としてのご縁」を結ばせて頂きました。


当時、白井先生は25歳で元気いっぱいの爽やか青年でした。


それから14年の月日が経ちましたが、本日より「25歳のお弟子さん」が新しく研究所の一員となりました。


そして、白井先生は現在38歳となられ、何やら因縁のようなものを感じてしまいます。



新しいお弟子さんはこの4月から鍼灸専門学校に通い始めている学生ですが、大学を卒業後3年間は自分の「真の心」を探していたそうです。


彼は苦労をほとんどしておらず、まだまだ何の取り柄もない未熟者であり、「心」のエネルギーもフワフワしておりますが、今後は副院長であり鍼灸師でもある白井を中心に、スタッフ全員に厳しく教育をお任せしていくつもりです。


とは言え、頼みもしないのに、自らこんな『修羅場』とも言える業界と職場と私の元に、苦行覚悟で飛び込んで来てくれた事には、『神に感謝』であります。


暫くは週に3回勤務しております。


名前は「中井 優雅」と申します。


皆様どうか温かく厳しい目で見守って頂けるよう、宜しくお願い致します。


          院長
プロフィール

ertpuro

Author:ertpuro
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR