忘年会

『会社』としての1年の「締めくくり」は3月です。

その3月も残り2日となった『研修日』の本日、朝から診療スタッフ3人に招集をかけ、来期スクールの準備作業に専念致しました。

そして夕方からはこの1年の『締め』を行なうため受付スタッフ全員(6人)にも招集をかけ、当会社の「人的エネルギー」を結集させたのであります。

今年度は特に「山あり谷あり」が多かった1年であったため、その「良きエネルギー」は来年度への活力となるよう、「悪しきエネルギー」は精算浄化できるよう、全スタッフ(計10人)にて『季節はずれの忘年会』を開催いたしました。

場所は徒歩3分の「薩摩料理」のお店屋さん、そこで2時間半大いに研究所パワーを感じる事が出来ました。

スタッフ全員から私宛に「サプライズの心遣い」も頂き、幸せいっぱいであります。

とは言え、相変わらず私は殆んど誰とも話すことができず、「借りてきた猫」状態ではありましたが、久々の飲み会でリフレッシュ出来た気がしております。

来年度、更に飛躍できる会社にするため、また明日からスタッフ一同フルパワーで頑張ります。

母ハマる!

最近の母は常に『iPad 』を小脇に挟んでおります。

リビングにいる時も、自分の部屋に行く時も、トイレに入る時も、一心同体化しております。

もちろん、目的は「ゲーム」。

パズル、花札、トランプ、動物育成、アクション、テニス、などを楽しんでいるようですが、さすがに『課金』だけは自制しているようです。

本日も飽きないようにと『脱出ゲーム』を勧めてみると、いきなり「100面」までクリアしておりました。

「何だか目がいっちゃってるな〜」と感じることもありますが、まあ『ボケ防止』に最適かと、静観しております。


ところで、先程レジュメを自部屋で作成していると母に呼ばれました。

「何事か?」とリビングに行くと

「あんたがニュースに出てるで!」

と、iPadにてヤフーニュースの動画を見せられました。

そこには一昨日、奇跡の逆転優勝を果した「稀勢の里」のインタビューが流れておりました。

最近、相撲には全く興味が無かったのですが、そのインタビューに心がグッときました。

アナウンサー
「横綱、優勝が決まって今、一番したいことは何ですか?」

稀勢の里
「うーん、やっぱり稽古ですかね!」


「ほら、あんたやろ!」


何だか少し嬉しくなった瞬間でもありました。

蛍の光

研究所にとって初めて「1年間」という長期スパンにて開催した『育成コース』も、昨日無事に卒業式を迎える事が出来ました。


この1年間、24名の卒業生の方々から多くの熱血パワーを頂きました。

「心技体」の全ての面において、驚く程の成長も見せて頂きました。

そして最後の最後に「花束」と「涙」まで頂きました。


伝える側の私自身が、途中何度も挫折しそうになったほど「過酷」な講義内容となりましたが、過ぎてみれば「私」「スタッフ」「生徒」の全てが良い方向に導かれた『育成コース』であったと思っています。


このエネルギーが必ず近い将来、何らかの形で多くの方々のお役に立てると信じております。


昨日卒業された24名の生徒の皆さん、本日より各々の目標に向かって「新しいスタート」を切ってください。

3人の診療スタッフも、今度は「教える側」としての自覚を持ちながら「レベルアップ」を目指して歩んでください。

そして私、まだ暫くは4月からの「3つのスクール」の準備でバタバタしておりますが、既に朝イチから確実に「次のステージへの道のり」を走り出しております。

それも超全速力で!


28名全員が、この「育成コース」を決して無駄にすることのないよう、今後も精進していくつもりですので、各地方などでERTの施術をお望みの方はどうぞ楽しみにしていてください。

気分転換

3月に入ってから診療以外は殆どパソコンか資料に向き合っているため、最近は「疲れ目」が酷く、肩首腰もガチガチになっております。

そこで、たまには気分転換でもようとと、先日久々にTSUTAYAに行って参りました。

お目当の映画は「スカッとできるヒーローもの」と決め、あちこち物色していると、何ともピッタリの題名が目に付きました。

『I AM A HERO』(アイアムアヒーロー)

でありました。

『邦画人気ランキング2位』

『主演、大泉洋、長澤まさみ』


「これ、なかなかいいかも〜!」


と思いながら、裏面のあらすじをチラ見してみると

『突如として広まった原因不明の感染によって大パニックが引き起こされる状況で、決死のサバイバルに挑む者たちの姿を映す。』

と、ここまで読んで

「ヨシ!これにしようっと!」

なんて、軽く決めてしまったのが悲劇の始まりでありました。

観始めは「コメディーものか?」とさえ思ったのに…

観終わったあと、緊張で肩首の凝りは3倍増しとなり、気分はモヤモヤ、心はドロドロになってしまいました。

邦画にしては、リアルさはピカイチだった思いますが、如何せん内容が…

ご興味のある方、刺激をうけたい方、気分悪くなりかたい方、ご鑑賞あれ!

スカウト面接

ラストの育成コースも「4日後」に迫って参りました。

基本、1日の受講時間は「5時間〜5時間半」なのですが、講義内容をあれこれ纏めてみると今回は「12時間以上」かかりそうな感じがしており、何を省略すべきか悩んでおります。

復習も兼ねて、過去の11回分の資料を改めて読み直してみたのですが、作成した私自身が『うんざり』するほどの情報量に驚かされています。

「テスト勉強」されてる生徒の皆さん、「記憶重視」ではなく「考える問題」が主となりますので、暗記は「基礎の基礎部分」のみで頑張って頂けたら大丈夫かと思いますよ~(^∇^)ノ


ところで、研究所の今後の発展を見越して、忙しい中ではありますが、人材を求めて奔走しております。

1〜2年後を目処に、『力』となってくれる「CEO」と、「20代の男性スタッフ」と、「30代女性スタッフ」を獲得すべく、ここ数日スカウト面接をして参りました。(手応えはまずまずでしたが…)

私にはERTを世に役立てるための大きな大きな夢があります。

そして、多くの患者さんと生徒さん方をERTを通じて『幸せで健康な人生』に導かねばならない責務があります。

それには、本部である「この研究所」をしっかりと支えてくれる人材があってこそ、『より多くの患者さんのお役に立て』そして『1年頑張って育成されたプロフェッショナルの生徒さん方』を活かし輝かせていけるのだと考えています。

もし急に何かで私がいなくなっても、研究所とERTが成長し続けられるよう、長期的なビジョンでの体制作りが必要不可欠だと信じております。

卒業試験

来週行なわれる「第12回の育成コース」では、卒業試験が控えております。

そして、合格ラインは「80点以上」と厳しい設定となっております。


1月も2月もテストがあり、その問題は「スタッフ」が3人で作成いたしましたが、仮にも今回は「卒業試験」であり、「最後の試験」でもあるため、私一人で作ることになっております。


先日、

「院長、問題できてますか~?」

とスタッフに聞かれ、

「ぼちぼちやけど、今回は全員合格させるためユルユルにしとくね~!」

と答えると、3人から怒られました。

「院長、最後ですからしっかりとした問題を作って頂かないと!!!」

と、ダメ出しを食らったため、現在やり直し中であります。


「厳しくすべき!」

と助言をくれたスタッフのためにも、気合を入れております。

そして決めました。

3人のスタッフにもこの「卒業試験」、受けてもらおうっと!

他の生徒のお手本になる得点、期待してまっせ~!

20日間

新しい2つのブログ「院長ブログ」と「院長メッセージ」を始めてから『50日』になりますが、投稿数が本日で『計64回』を数えることになりました。

以前のブログよりも、心を深く込めながらお伝えしようと頑張ってきたつもりですが、エネルギー理論を文章化することの難しさを改めて感じさせられた「50日」だったと思ってます。

いつも稚拙な文ではありますが愛読下さってる方々には心から感謝しております。

 
ところで3月も「残り20日間」となりました。

年始の講演会からあっという間に3ヶ月が過ぎようとしておりますが、研究所も新年度に向け、スタッフ全員が「フルパワー」にて3つのスクールの準備作業に取り組んでおります。

特に私は、かつて味わったことがないほどの膨大な作業を抱えており、毎日が楽しくて仕方ありません。

この「追い詰められた感覚」が大好きすぎる私は、武者震いするほどのワクワク感を日々胆嚢しております。

まさしく『全身全霊』のエネルギーを研ぎ澄まし、1日中鋭敏な感性を究極に高めながら過ごしていると、その相乗効果として普段よりも段違いで『新しい閃きと情報」が湧き上がってきます。

その結果、「施術効果」の手応えもグンと上がっていると感じています。

あと20日間はブログの方もペースダウンになるかと思いますが、「最終回の育成コース」と「4月からの3つの新スクール」と「最高の施術効果」を素晴らしい形で提供できるよう、精魂込めてやり遂げたいと思っております。

『癌』克服への道

「大宇宙」と「小宇宙」という言葉があります。

辞書で調べてみると、

「大宇宙」=全体宇宙

「小宇宙」=部分宇宙=人間

と書いてあります。


これは宇宙と人間の『秩序』と『構造』が、根源的に一貫しているという意味を現しているようです。

この理論から推察すると、「宇宙構造」や「数々の宇宙現象」の中に、人間の病気を予防したり治したりするヒントが宝石のように散りばめられていることになります。


例えば癌細胞から感じる波動ですが、NASAの写真から感じられる『ブラックホール』の波動ととても似ていると私は感じています。


何でも呑み込んでしまうブラックホール

重力を超越した力で光さえも吸収してしまうブラックホール


現時点でその正体は誰も解っていませんが、ERT的に言わせて頂くと『癌への根本的対処法』への第一歩になるエネルギーなのでは?と、ワクワクしながら 研究および施術に活用しています。

常にこんな『無謀で馬鹿げた挑戦』ばかりを繰り返しているERTと私ではありますが、至って真面目であり、真剣であり、それが誇りだと、胸張って頑張っております。

確かな手応え

「育成コース」を1年間頑張ってきて、一番得たものは何ですか?

そう誰かに聞かれたなら、私が真っ先に返す言葉は

「素晴らしい人材が育ったことです!」

と、胸を張って答えるでしょう。

「育成コース」を行なう以前にも『様々なコース』のスクールを「6年かけて」行ないました。

合計200人近い方に受講頂いたのですが、その200人の中で『業』として現在もERTを取り入れられている方は10人にも満たないと思います。

その情けない結果の原因はズバリ!『ERTが未熟であり、力不足であり、魅力に欠ける治療法だったから』だと思っています。


そして「同じ轍は踏むまい」という『強い覚悟』を持って新たに今年度から開催した「育成コース」でありましたが、あと1回を残して今までには得られなかった『大きな手応え』を掴んでおります。

その『手応え』とは何か?

それは、4月よりERTを『業』として行なう予定(もしくは既に行っている)の生徒さんが、、

『全受講生24名の内の17名』にも上り、さらに『4名』は「今スグには無理でも前向きに検討中」と仰られております。

つまり24名中『21名』の生徒さんが今後『ERTを業』とされながら、私と共に私の意志を引き継いでいきたいと希望して頂いております。


昨日も、数人の生徒さんが「院長面接」に来られ、

「ERTと出会え、育成コースに参加できて、ほんとに良かったし、驚くほど自分が変われた気がします。開業頑張ります。」

と仰っておられました。

とは言え、本当の厳しさはここからであり、そんなに甘い業界ではありませんが、きっと皆さんならERTを通して全国各地の方々と素晴らしいエネルギーを循環される事でしょう。

そう心から期待して止みません。

輪廻転生

人間は本当に生まれ変わるのか?

前世や来世は本当にあるのか?

科学的には誰も証明していない不確かな事象ではありますが、ERTでは『魂』や『輪廻転生』はあると信じています。

また、エネルギー的にも『遠い過去からの繋がり』を捉えており、その波動を整えるだけで症状改善に結びつく症例が、少数ですが実在しております。

なにより心の観点から鑑みても「今世限りだから好きに生きればいいさ!」と思うよりも「来世のために少しでも良い生き方をしよう」と思う方が、絶対に心豊かになると思うからです。


さて、ERTで『輪廻転生』を信じるもう1つの理由があります。

ERTの理論やテクニックに「12」と言う数字がよく出てきます。

例えば『心の性質、経絡、宿命、天命、使命、大罪、感性能力、魂のレベル、チャクラ」などのエネルギーには、その言葉の前に『12種の』を付けてERTでは施術に活用しています。

何故、「12」が多いのか?

「12」はトーラス(循環)の基本であり「12」=『11』でもあるからなのです。

その理由を時計で考えてみましょう。

零時〜正午までの12時間で、長い針と短い針が重なるのは何回あるでしょうか?

答えは『11回』しかないのです。

11時台だけは一度も重なる事なく、正午になってしまいます。

この現象は、エネルギー的には凄い事であり、例えば心の性質で言えば「タイプ11」を持つ人は、『人でもあり、死者でもあり、神でもある』エネルギーを持つ事になるのであります…

さっぱり意味のわからない方、ごめんなさい。

1人で熱くなってしまいました。

詳しくはまたいつかの講演会かスクールにて…
プロフィール

ertpuro

Author:ertpuro
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR