裏方②

ERTはバランスを大切に考えてます。

2つのバランスでは勿論『陰陽論』ですが、その理論を究極に活かしたものを『極性テクニック』と呼んでいます。

3つのバランスでは、10種を超える理論とテクニックがありますが、中でも基本中の基本は『3つの丹田テクニック』であります。

明日の「育成スクール」ではこの『極性』と『3つの丹田』が主体となりますが、全てにおいて、昨年お伝えした理論・テクニックとは『質』が変ってしまいました。


これも、3人のスタッフが私に

「もっと理論を詳しく深く教えてください!」
「もっと伝えやすく分かりやすいテクニックを開発して下さい!」

と、精魂込めた熱意で懇願してきたため、その思いに応えるべくガチンコで切磋琢磨してしまいました。


その結果出来上がったものは、『進化』と呼ぶに相応しい内容となりました。


4人のパワーが結集したERTは、スクール内だけでは無く、今後必ず臨床においても大きな成果をあげる事でしょう。


明日来られる生徒の皆さん、どうか楽しんで頂けますように!

専念!

「3つのスクール」も順調にスタートし、3人プラス1人の診療スタッフも日々「成長と進歩」を遂げております。

彼らの頼もしさを見ていると、私の心にも少し「安堵」が訪れ、肩の上に乗っかってた「重圧」が薄れてきた気がしています。

ようやくこれからは本来最も私が精魂を込めるべき「診療」と「研究開発」に、今の何倍も力を注げると喜んでおります。


ERTの良いところは「常に成長と進化」を遂げているところだと自負しています。


最近では「患者さんの症状」に対して、目を向けることは減っております。


では、何に目を向けるのか?


それは「症状」では無く患者さんの持つ「エネルギーの質」であります。


「質」には「性質」「気質」「素質」「体質」「基質」など、いろいろな言葉がありますが、ERTの『1つの概念』として、人間は特有の

「魂の素質」
「心の性質」
「体の気質」

の波動を授かっており、この3種が上手くバランスを取りながら健康を維持していると考えています。


そのバランスが、質の低下、質の変性、質の粗悪、などにより「歪」を生じた結果として様々な症状を引き起こします。


ゆえに、患者さんにとっての「最良の状態の質」に整え、変換し、高めることが健康への近道と信じ、研究を進めております。


近年ネットが普及し、様々な病気や症状に苦しまれている方の「画像(お写真)」を何万件と見ることが出来ます。


毎日何十人・何百人とその方々の「エネルギーの質の状態」を研究させて頂くと、多くを知ることが出来ます。


現在「癌の方」と「アトピーの方」の「良くない質のパターン」を私なりに明確化出来ております。


これをどのように「症状改善」に結びつけていくのか?


今後その答え探しに没頭できる時間が確保できたことを「スタッフ一同」に感謝です。


まだまだ微力ですし時間がかかるかもしれませんが、「真の健康回復への鍵」を探すために進化し続けたいと思ってます。

季節性症状とERT

1年を通して統計を取ってみると、2ヶ月単位で下記のような症状の患者さんが研究所に多数来られます。

[1〜2月]
インフルエンザ
胃腸風邪(ノロ・ロタ)
乾燥による肌や粘膜のトラブル
受験生のサポート

[3〜4月]
スギ・ヒノキ花粉症
大気汚染による軽度の中毒
(農薬・PM2.5・排気ガス・黄砂など)
新生活の不安症とストレス

[5〜6月]
五月病(無気力・落ち込み・焦り)
カビ関連の症状(喘息・アトピー)
自律神経障害(梅雨時期)
筋肉の凝り・関節痛

[7〜8月]
紫外線障害(頭痛・皮膚・目)
熱中症と夏バテ(脱水・冷房病)
皮膚のトラブル(多汗・暑さ)
胃腸障害(冷たい食べ物による)

[9〜10月]
風邪の諸症状
気圧・気温の変化による不定愁訴
慢性疲労(夏の疲れ)
ブタクサ・ダスト・お米(新米)アレルギー

[11〜12月]
感情障害(うつ傾向)
肝機能障害(飲み過ぎ)
体重増加(食生活の乱れ)
睡眠障害(不眠・過眠)

などなど、思いつくものを挙げてみました。

ERTではこのような主訴で来られた方に対し、

『季節性の症状ですね』

とご説明させて頂きながら、的確な原因追求と最速の改善を目指して施術させて頂いてます。

『癌』克服への道

「大宇宙」と「小宇宙」という言葉があります。

辞書で調べてみると、

「大宇宙」=全体宇宙

「小宇宙」=部分宇宙=人間

と書いてあります。


これは宇宙と人間の『秩序』と『構造』が、根源的に一貫しているという意味を現しているようです。

この理論から推察すると、「宇宙構造」や「数々の宇宙現象」の中に、人間の病気を予防したり治したりするヒントが宝石のように散りばめられていることになります。


例えば癌細胞から感じる波動ですが、NASAの写真から感じられる『ブラックホール』の波動ととても似ていると私は感じています。


何でも呑み込んでしまうブラックホール

重力を超越した力で光さえも吸収してしまうブラックホール


現時点でその正体は誰も解っていませんが、ERT的に言わせて頂くと『癌への根本的対処法』への第一歩になるエネルギーなのでは?と、ワクワクしながら 研究および施術に活用しています。

常にこんな『無謀で馬鹿げた挑戦』ばかりを繰り返しているERTと私ではありますが、至って真面目であり、真剣であり、それが誇りだと、胸張って頑張っております。

病気の分け方

ERTでは「病気」に対し様々なカテゴリー分けをしています。

例えば、外出もしてないし、身体を冷やすようなこともしていないのに急に発熱し風邪のような諸症状が出ることがあります。

こんな場合考えられるものとしていくつかあります。

①、数日前に感染していて、潜伏期間を経て発症した。

②、免疫が何らかの原因(食べ物や化学物質など)で低下して、悪玉系常在菌(日和見菌)が暴れだし発症した。

③、日々、誰もが体内に数千個は発生させている癌細胞が、何らかの原因(ストレスや毒など)により、急に増殖しようとするのを防ぐ為に熱を上げて死滅させた。

まだ他にもあれこれ思いつきますが、この3つの場合で考察してみましょう。

まず①の場合、放っておいても自己免疫で治りますが、最短で改善して頂けるようにERTでは最善のサポートを致します。

②の場合は、原因を「菌やウイルス」のみに注視してしまうと、症状が長期化してしまったり、他の慢性症状に移行していく可能性があるため、ERTでは「免疫の低下した根本原因」の開放・改善に重点を置いて施術を行ないます。

③の場合、ERTでは「意味のある症状」と捉え、この発熱は「病気」ではなく『人間の叡智』と考え、その奥にある『真の意味』に重点を置いて施術します。

この「意味のある症状」は、『見えない何らかの力により与えられた試練』であったり、『心が作り出すもの』であったりもします。

特に、原因不明の難病や慢性病には、多くの意味が奥に隠されていることが多く、それらの『真の意味』を見落とすことがないよう、ERTでは多角的観点から検査法を日々研究し、活用しております。
プロフィール

ertpuro

Author:ertpuro
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR