FC2ブログ
01« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.»03

新年の運気 

明けましておめでとうございます。

元旦にしか正確に感じ取れない「今年の私の運気」を読み解いてみました。

★五行エネルギーから読み解くと「金」「仕事系」「陰側」「3番」からの波動を強く感じます。

これは、仕事面において何かを終わらせ、新たな次の段階へとステップアップするために、目標を定め、遂行すべき!という意味を持ちます。

★メインチャクラから読み解くと「第4チャクラ」「自分系」「陽側」「5番」からの波動を強く感じます。

これは、自分を愛し、そして大切な人との愛情を循環させるエネルギーを泉のように湧き上がらせ、真の幸せを追求すべし!という意味を持ちます。

★サブチャクラから読み解くと「第11チャクラ」「対人系」「陽側」「9番」からの波動を強く感じます。

これは、周囲の人々のバランスや調和を保ち、皆を輝かせ安定させるための強い統率力を発揮すべき!という意味を持ちます。


「運気エネルギー」はまだまだ様々な角度から感じ取れますが、「元旦のみに発せられる五行とチャクラからのエネルギー」は格段に多くのことを伝えてくれます。

上記の内容を解釈してみると、期待感も大きいですが、今年もなかなかハードルの高い1年になりそうであります。

とは言え、せっかく読み解いた運気エネルギーを正しく掴み、そして味方につける為にも、公私とも与えられた流れにしっかり乗りながら精一杯頑張っていきたいと思っています。


皆さま、本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

カテゴリ: ERT不思議話し

tb: --    cm: --

魂の記憶 

大阪北部地震から1週間が過ぎます。


過去の大震災に比べて甚大な被害は無かったものの、子供達が住む枚方市ではまだ余震が続いているそうで、未だにエネルギーが落ち着かない大阪であります。


この1週間で私が診させて頂いた患者さんの内、今回の地震をきっかけに3人の方が「前世からのリンク」により魂を乱され、メンタルや身体の異常を訴えておられました。


検査からこの3人の方には共通して、「前世において、地震か、もしくはそれに近い災害か、もしくは戦争の被害」に遭われていたことを強く感じております。


症状としてはすべて急性的なもので、「過呼吸」「不眠」「悪夢」「理由の分からない恐怖心」「鬱傾向」「思考力低下」「蕁麻疹」などを訴えられておられました。


特にある幼児の方においては、「昨日まであんなに明るかった子が、まるで別人のように表情が無くなり、話さなくなってしまって…」と、その急激な変貌ぶりにお母さんは狼狽えておられました。


今回の様な単発的な「前世からのリンク」なら殆どの場合3日で元の自分に戻りますが、稀にこれをきっかけとして前世の肉体が患っていた病気や苦しみが、今世の肉体や精神に出てくることもあります。


そうならないよう、ERTで「前世の記憶」を早目に開放し、そして魂を安定させる事が大切なのです。

カテゴリ: ERT不思議話し

tb: --    cm: --

電磁波禁止令 

明日は「第6回育成コース」が開催されます。


今回は『第2期育成コース』において初めて「テスト」を行ないます。


さらにこちらも第2期では初めての「講師が院長のみ」にて行ないます。


久々の「1日講師業」に燃えておりますが、スタッフからは「燃え尽きるのでは?」との懸念の声も上がっているようです。


と言うのも、ここ4~5日、私としたことが呼吸器系の乱れを発症しておりました。


季節の変わり目に起こる現象のようでしたが、思ったよりも乱れが強く、それを見兼ねてなのか?「電磁波絶対禁止令」が脳裏に痛いほど降りてきておりました。


いつも「力」を借りている場所でもあるので、素直に言う事を聞き入れ、4日間パソコンやスマホに触れずに過ごしてみました。


お陰さまで殆んど症状は治まりましたが、その分明日のスクールの「レジュメ作り」を1日で仕上げるハメとなり、これまたスタッフを困らせてしまいました。


とは言え何とか全てが間に合い、明日を待つだけであります。


ちなみに、今までは「スクールの日の診療業務は休診」とさせて頂いてましたが、明日は実習に多くの時間を割いている為、遠隔業務も時間限定ですが院長が行っております。


まだ空きがありますので、ご希望の方は午前9時~10時の間にご予約のお電話をお待ちしています。

カテゴリ: ERT不思議話し

tb: --    cm: --

霊障 〜後編〜 

「幸せいっぱいのご夫婦」に干渉してくる霊、その正体を調べてみると、

『このご夫婦の様な仲睦まじい幸せな波動に憧れをもったまま亡くなられた方々の霊』

が殆んどでありました。


要は「残念」や「執念」や「後悔の念」などを持ったまま『浮遊している霊』が、何とか浄化したくてこのご夫婦の幸せ波動にに引き寄せられてきている形となっているのです。


私はこのご夫婦の『霊的バリア』を強くした後で、こうアドバイスさせて頂きました。


『この霊たちは、決して悪い波動ではありません。男女の幸せな波動を求めて彷徨っているようなので、逆におもいっきりラブラブで過ごしてみてください。きっと霊たちは念願を成就して消えてくれるはずですよ』


ご夫婦は安心されたお声で、『そんなこともあるんですね〜」と感心されているご様子でありました。

カテゴリ: ERT不思議話し

tb: --    cm: --

霊障 ~前編~ 

この類のお話はあまり好きではありませんが、十数年も「様々なジャンルのエネルギー」を追い求めていると「これが巷で言う霊的なエネルギーなのか~!」と感じる事が多々あります。


そして講演会やスクールでよくお話させて頂くのが、


「霊に干渉されない最善の方法は幸せいっぱいの波動を出すことですよ~!」


などと常々申しております。


さて、先日の深夜に急患でお電話頂いた「常連の患者さん」のお話ですが、それはそれは仲がよく、愛情たっぷりのご夫婦であり、その甘~いエネルギーに施術する側の私がいつもとろけそうになるほどの最高のカップルであります。


そのご主人から「あたふた」したお声でこんな訴えを頂きました。


「先生、急でごめんなさい。今夫婦で田舎町の古~い温泉宿に来てるのですが、部屋に着いてから二人共胸が締め付けられる様に苦しくてお電話させて頂きました。」


さっそく検査してみたのですが、明らかに「霊障」が原因であり、それも9体ほど感じたのでありました。


普段私が口を酸っぱくして申している「幸せいっぱいなら霊には干渉されない」に矛盾するこの事態、さらに深く調べてみると、そこには大きな理由があったのです。


    つづく

カテゴリ: ERT不思議話し

tb: --    cm: --