診療形態の改革

まだ少しだけ「診療以外」でバタバタしている私と研究所ですが、それもようやく今週で落ち着きそであります。

今後の目標としては、7月か、もしくは9月から「診療形態を改革」すべく、その準備に集中していくつもりです。

「石の上にも3年」と決め、この3年間ERTをレベルアップさせるために、地方往診や、慣れない講演会や、数種のスクールなどの全精力を注いで参りましたが、その努力と成果を臨床にて思う存分活かす時が来たと思っております。

10年以上、同じ診療形態で歩んできた研究所ですが、一人でも多くの患者様に

『もっと質のいいERTの施術内容』
『もっと効率よく深みのある施術方法』
『もっと来院の方に直接法(新ETTなど)の充実』
『自宅での自己治療法のご指導』
『生活上必要事項の的確なアドバイス』
『新たなアフターケアアイテム』など

が充実できるよう、現在検討中であります。

さらに、

『モニター募集制度』
『卒業生研修制度』
『若いスタッフ増員』など

本気モード全開で、「新たな素晴らしい診療形態」を確立しようと、頭をフル稼働させながら構想を練っております。

一人でも多くの方に、「真の元気と健康と幸せ」を実感して頂けますように!

基本の意志

「オトン、研究所のスタッフって、全員いっつも笑ってるよな〜」

息子が昨日そう申すので、

「ERTに携わる者にとって『笑顔』は基本中の基本、よ〜く覚えときや!」

と、諭しておきました。



『ERTは日々進化してます』

なんて事をよくブログなどで豪語しておりますが、テクニックがどんなに進化しようと、それを術として扱う者の波動が「曇って」いたり「ピリピリ」しいる様では、効果など出るはずもありません。


『育成スクール』の第1回目においても、まず私がその事の大切さを『強く強く』そして『懇々と』お話し致します。


ERTの基本は、経絡でも、チャクラでも、エネルギー操作でもありません。


ERTを施す者としての基本中の基本は「心の幸せ波動」を出し「楽しむ気持ち」を忘れずに「感謝と敬意」を持って患者さんに向き合うこと!


それには、笑顔が必須であります。


苦難を抱えていても、体調が悪くても、ツイていない事が続いても、


『この基本を精一杯大切にできない者はERTを施さざるべからず!』


お弟子さん方にはこの『基本の意志』を常に心に宿しながら学んで頂いております。

2人の美女

常日頃から、研究所に来られる患者さんは「美人さん」がとても多いと感じております。

スクールに来られる生徒さんも、ビックリするほど「美人さん」ばかりであります。

スタッフも「綺麗どころ」が揃っております。


それだけでも仕事が楽しくて気分良く毎日を頑張れておりますが、中でも特に「この人綺麗で素敵やな~」と思える女性が2人おられます。


その内のお1人は昨日、もうお1人は本日、私の治療を受けに来て頂けたので、とても幸せな気分であります。


ただ残念なことに、そのお2人には既にご主人がおられます。


さらに残酷なことに、そのお2人のご主人とは、私の弟子であります。


なぜ、うちのスタッフはあんなにお目が高いんだろう?


「羨ましい~!」と心から叫びたくなるほどマジお2人とも綺麗で優しくて神秘的な女性であります。

親子愛?

「そんなにやる気があるなら、地獄のような職場を紹介しようか?」

と、鍼灸学校に通うことになった次男に言ってから1ヶ月が経ちました。


今のところ、思ってたよりも真面目に、誠実に、才能をフルに使って、研究所とERTのために「丁稚奉公」しております。

そのせいか、受付嬢スタッフの面々からは「可愛い~!」なんて言われながら重宝されておるようです。

診療スタッフからは素晴らしいご指導を頂いているようでもあります。

患者さんからも、「院長が整形して若返ったかと思った!」なんて言われながら温かく接して頂いているようです。

親として、心から感謝しております。


それでも私は厳しい鬼軍曹を貫いております。

「研究所では微塵も親子だと思うなよ!」

「誰よりも厳しくシゴくから覚悟しろよ!」

そう何度も言い渡してあり、実際この2週間、彼の前で「ニコリ」ともした覚えがありません。


しかし、不思議なことにスタッフからはどうも評価が違うようです。


「院長、デレデレですやん~!」

「息子さんに気を使いすぎと違いますか~!」

「こんな優しい院長、初めて見ましたわ~!」


そんなはずではないと思うのですが…

気合の4月

今年の「年度替わり」は格段に落ち着きのない研究所であります。

本日は「診療スタッフ4人+診療スタッフ見習い」の5人が揃い、「決め事」などを空いた時間に話し合う予定でありましたが、有難いことに全員が「超満員」の患者さんの診療に追われ、殆んど会話もなく一日が過ぎてしまいました。

スタッフ全員が自分のやるべきことに対し、精一杯向き合っている姿は感無量ですが、しかし余裕の無さが少し心配でもあります。

こんな時こそ、「大将」の私がしっかりと統括し、「気合」を入れねばなりません。

受付スタッフも含め、全員の「エネルギー(気)を合わせ」ミスなく4月を乗り越えたいと思っています。

それでも至らない事、足らない事など、何かお気づきの事などがあれば、いつでもお申し出下さいませ。
プロフィール

ertpuro

Author:ertpuro
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR