FC2ブログ
05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

研究所便り⑤ 「エネルギー的見解」 

本日から年度が変わります。

昨日『診療体制の一部変更の詳細』をホームページにアップさせて頂きました。

交通機関を使用するスタッフには最小限のリスクで済むようにと考えた結果でありますので、何かとご迷惑をおかけいたしますが、暫くの間ご了承のほど宜しくお願いします。


最近、多くの方から、

「今の世界の状況を、院長先生はどう感じてますか?」

という様なご質問を頂きます。

あくまでも『エネルギー的な見解』としてですが、私はこう答えさせて頂いてます。


「地球」や「人間以外の生命の殆ど」は皆、喜んでいると感じます。

ニュースによると、中国の大気汚染が今年に入って劇的に改善したそうです。

飛行機や車も排気ガスを出す量が減り、自然破壊や様々な廃棄物も減っているそうです。

その効果なのか、最近は温暖化傾向のはずだった「大気エネルギー」さえも安定に向かい始めているようにさえ感じます。

つまり、人間が数ヶ月活動を自粛する事だけでも、地球は本来の姿に近づき、他の生命は生きやすくなっているんだなと痛感しております。

我々人間は、人間ゆえに、人間主体の目線で全てを判断しがちです。

その奢りが『世界滅亡か?』なんて記事を生み出します。

そう書くなら『人類滅亡』であって、世界は逆に「再生」されるはずです。


コロナは人間が「自然界エネルギー」を『化学の力』で捻じ曲げ過ぎてきたことによる『産物』であるように感じます。

そしてコロナは人間が今まで自然界にしてきた事を一度真剣に考えてみるチャンスを与えてくれたようにさえ感じます。


人類はここ最近「経済成長」と「便利さ」と「快適さ」こそが『人間の幸せ』だと考る傾向にありました。

その殆どを、現在世界中で制限されておりますが、だからこそこのチャンスに『真の幸せ』を見直すべきかと強く感じます。

新型コロナと人類は、いずれ共存しなくてはならない存在になると思います。

その世界は恐らく昨年までの「人間が中心の世界」とは少し異なることでしょう。

新たな世界に対し、人類は多くの試練や不便や我慢を謙虚に受けいれ、今まで自然界に押し付けてきた苦痛を心から反省し、新たな向き合い方をしていく覚悟を持ってこそ、この苦難を乗り越えられるのではと考えています。

カテゴリ: 研究所あれこれ

tb: --    cm: --

研究所便り④ 「緊急事態宣言に備えて!」 

いよいよ東京や大阪は「緊急事態宣言」や「外出禁止令」がいつ出てもおかしくない状況になってきたと感じています。

会社の経営者としましては「研究所に関わる方々を感染の被害者・加害者にならないよう最大限守る義務がある」と強く思っております。

そして「どうすればスタッフや患者さん方の『感染リスク』を最小限にしながら、『質の落ちない施術』を継続できるのか?」という方法を、現在真剣に検討しております。

つきましては研究所におきまして『4月1日から暫くの間、考え付く限りの安全対策』を実施することにいたします。

その為には 「来院における診療体制」「スタッフの勤務体制」「診療時間」などを一部変更させて頂くことになると思いますが、ご了承のほど宜しくお願いします。

尚、詳しい内容は「明日中(31日)にホームページにてアップ」する予定にしておりますので是非ご一読下さい。

また、「すでに4月以降、来院をご予約頂いている方で『変更等のご相談・お願い』が必要な方」にはスタッフが直接「電話かメール」にて明日中にご連絡させて頂く予定にしておりますのでどうぞご安心ください。

カテゴリ: 研究所あれこれ

tb: --    cm: --

研究所便り③ 「遠隔を極めます!」 

「来院患者さん」が少なかった分、3月は仕事内・仕事外に関係なく「毎日最低100人、遠隔にて施術するぞ!」という目標を立て、実践して参りました。

コロナ関連の方はもちろんですが、最近は「悪性の病」を患われている方がとても多く、『待った無しの真剣勝負』の世界に一日中身を置いてみました。


未だに「遠隔ってなんか胡散臭い!」と言って拒否される方が時々おられますが、ここまで「遠隔漬け」の日々を過ごしてみると『遠隔だって来院に負けないほど治癒力を高めることが出来るんだ!』と改めて確信致しました。

この与えられた「遠隔三昧」というチャンスを最大限活かして『今度こそ遠隔療法を極めたい!』と強く思っています。


だった10分前後だからこそ、全集中エネルギーを送ることの出来る遠隔療法、未体験の方は是非一度試してみてください。


※追伸 『育成コース卒業の先生方へ』

ご自身が診られているコロナ関連の患者さんで、私の検査、助言、施術が必要ならいつでも写メを送ってください。

誠心誠意、無料にて出来る限りのご要望に対応させて頂きます✌🏻

カテゴリ: 研究所あれこれ

tb: --    cm: --

研究所便り② 「合格しました!」 

3年の月日は長いようでアッという間だった気がします。

本日の午後2時に「鍼灸師の国試合格発表」があり、お陰様で息子の番号を見つけることができました。

ちょうど3年前、私の元に弟子入りしましたが、当時は軸に安定感が無く、心もまさにカオス状態の彼でありました。

その頃は、「何年かぶりの学業」と、いきなり「先生」と呼ばれることに戸惑いながらも、彼なりに精一杯頑張っていた姿を思い出します。


ようやく今日を境に「軸の安定した一人前の男」になる為のスタートラインに立てたと思っております。

将来の研究所を担えるような「良き治療家」に育てるため、『ERT施術者』としては私が、『鍼灸師』としては大先輩である白井・桒原両先生の力をお借りしながら、そして『心のある治療家』としては有田・伊藤両先生に指導をお願いしながら、ビシビシ鍛えていこうと考えております。


また、今の彼に対し院長としての希望を言うならば、彼自身が幼少期から現在までずっと悩まされている「アトピー性皮膚炎」に対する『専門的な治療家』になってもらいたいと思っています。

そして、父親としての希望を言うならば、1日も早く親(私)の「七光りという縛り」から抜け出し、独自の個性を確立させながら「自分らしさ」を発揮して欲しいと願っています。


今後、彼が成長するための「大切な要因」の1つに「どれだけ多くの患者さんと接し、どれだけ多くの臨床経験を積むか!」がとても重要な鍵となります。

治療家としても人間としてもまだまだ未熟者でありますが、皆様方には温かい目で見守って頂きならが、時には彼に力をお貸し願えたらと思っております。

今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。






※追伸

優先生へ

今日までお世話になった全ての方々への感謝を忘れないで下さい。

いつも前向きで、謙虚さと、パワフルさと、笑顔を忘ず頑張って下さい。

そして、このエネルギーを、その魂で、繋いでいって下さい。

未来永劫、応援しています。

合格おめでとう㊗️

カテゴリ: 研究所あれこれ

tb: --    cm: --

研究所便り① 「元気です!」 

ようやく母も元気を取り戻して参りました。

「お医者さんの診断結果」と、「本人の自覚症状」と、「ERTによる検査結果」の内容には、結構ズレがありましたが、それでも今週に入ってからは、その「三者とも」に良好なサインが見られたためとりあえずホッとしております。

研究所のスタッフも今のところ全員が元気に過ごせており、日々自身がやるべき事、やらねばならない事、に粛々と向き合いながら頑張っております。

患者さんの状況におきましては、「ご来院」の方は半数ほどに減りましたが、その分「遠隔」においては「コロナ」「花粉」「メンタル」関連の症状を中心に、以前の倍近い方々に研究所をご利用頂いております。

皆様方にはスタッフ一同、心から感謝致しております。

そして今回「母やコロナのこと」による『危機感』と『試練』が、ERTと私自身をまた一段成長させてくれたことにもある意味『感謝』しております。

大変な状況のご時世です。

もし何らかの症状で辛い思いをされている方、もしくは免疫を少しでも高めたいと思われる方など、いつでも研究所にご連絡してみてください。

研究所はいつも活気に溢れております👍🏻

カテゴリ: 研究所あれこれ

tb: --    cm: --