FC2ブログ

ERTの役割

2週間ほど前から母親が急激に弱っております。


呼吸が上手く出来ない
血圧200前後
めまいと吐き気
極度の食欲低下
膀胱炎
歩行困難
メンタル低下など…


病院に行っても原因がわからず、一時は「このまま要入院?」「このまま要介護へと突入か?」と危惧しておりました。


とは言え、『病院で原因が分からない症状』に対しては「ERTが最適!」と普段から豪語している私にとって、これほどの勉強になるモニターはありません。


入院は最後の手段と決め、私なりに幾度も検査と施術を繰り返し、改善に最適な生活を重ねながら様子を見て参りました。


そしてようやくですが、昨日あたりから改善の兆しを見せ始め、何とか日常を取り戻しつつあります。


この症状に対する最大の原因は『毒』だと思っています。


もう少し細かく言うと「PM2.5、黄砂、農薬、排気ガス」などのエネルギーに特に乱されており、その毒のせいで免疫力が低下し、体内の日和見菌が大暴れしてし、呼吸器、循環器、泌尿器、自律神経を攻撃していたのだと感じております。


いったい何十回「解毒・排毒テクニック」と「恒常性安定テクニック」を施した事でしょう?


このような「中毒」からくる症状の場合、若い方なら2〜3日で改善されますが、ご高齢の方の場合は命の危険性さえ感じる症状に発展されることがあります。


今回の様につきっきりでエネルギー操作を出来れば良いのでしょうが、あのままもし強制入院をして検査漬け、薬漬けになっていたら?と思うと胸が締め付けられます。


ERTの役割を改めて考えさせられております。

頭を冷やす!

昨日から今日にかけて、大阪はめずらしく雪が降りました。


このチャンスを逃すまいと、最近ヒートアプしている頭を冷やすため、露天風呂に行ってまいりました。


穴場にある私のお気に入りのスーパー銭湯は、新築のように綺麗で、情緒と落ち着きがあって、その上深夜は「いつもがら空き」であるため、時々利用させて頂いております。


予想通り積雪の昨夜は特にガラガラだったため、露天風呂でしっかり温まりながらも頭髪に積もった雪でしっかり頭を冷やして参りました。


明日は、育成コースであります。


参加者が総勢25人の予定で、可能な限り全員私がデモンストレーションで「検査と施術」をさせて頂く予定にしております。


時間はタイトなのですが、頭を冷やしたおかげで「キレっきれ」の立ち振る舞いができそうです。


ご参加の生徒さん、よろしくお願い致します。

久しぶりに

「この1ヶ月間に8回、講演もしくは教壇に立ちます」

と、以前ブログに書きましたが、それも明後日の水曜日がラストとなります。


少し心に余裕が出たのか、昨夜は「ユーチューブ」にて1時間ほど興味のあるアーティストの音楽を視聴しながら過ごしてみました。

ちなみに、好みのアーティストの「新曲」などが出ていた場合、私は少し変わった視聴の仕方をします。

まずは音量をオフにして、アーティストが歌っている姿を見ながら、醸し出されるエネルギーを感じてみるのです。


「心のエネルギーがどれだけ体から溢れているのか?」


それを感じながら視聴するのも、なかなか良いものであります。


「絵画」なども、目でみるのと、目を閉じて視るのとでは、また違ったエネルギーを感じるものです。


エネルギーは素晴らしい!


我ながらいつもそう思います。


明後日、今年最後のスクール頑張ります〜😆

北海道の旅 〜印象に残ったこと〜

めったに旅行や遠出をしない私が、一泊2日ですが北海道で過ごし印象に残ったいくつかの出来事を記しておこうと思います。


まずは、

◎お会いする人、お会いする人の全ての人が優しくて温かい方ばかりだったこと

◎特に女性は方は、美人さんがとても多かったこと

◎行きの飛行機の後ろの座席の2人組が、離陸の時にずっと珠数を手にお経を唱えていたこと

◎出発前日に「滑らない靴」をわざわざ買ったのに、あちこちで何度も滑ったこと

◎そのせいか、お話しも滑りまくったこと

◎コンビニで普通におにぎり買っただけなのに、何故か「ぬいぐるみ抽選券」をもらったこと

◎函館から札幌の丘珠空港までのプロペラ機がまるでバスみたいで頭を天井で強打したこと

◎そして丘珠空港で自衛隊の軍用機をたくさん観れたこと

◎函館の人も札幌の人も、大阪では皆無だったバナナネタがウケたこと

◎2日間のうち、1度も舞い落ちる雪が見れなかったこと

◎日の入り時刻が大阪よりも約1時間も早いこと

◎帰りの新千歳空港で息子と美味いラーメンを食べて堪能したこと

◎そのせいか、搭乗口のアナウンスで実名にて「ナカイシゲキ様、早くお越しください」と何度も何度も呼ばれたこと

◎合計3度、飛行機に乗ったのですが、すべての荷物検査にて「ヘアムース」が引っかかって荷物をチェックされたこと

◎帰りの飛行機にて窓から見たスーパームーンが異常に綺麗だったこと

◎最後に、𥸮原先生、優先生、のサポートぶりが見事だったこと


以上であります。

くだらないことかもしれませんが、どれもこれもが幸せな想い出であります。

はて?

次男が研究所に勤めてから半年以上経ちます。

その間に、2人で食事に行ったのは1回きり!

次男はいつでもオッケーだそうですが、私がなかなか誘うことを切り出せません。

あんなに喋べりまくる研究所を一歩出ると、貝のように無口になる私、何だか不思議です。

そう言えば、𥸮原先生にも、優先生にも、歓迎会ひとつしてないよな〜


「遊び心」を持って9月から仕事に臨んでますが、実際の「遊び」は全く皆無な私…

それでも毎日が楽しくて、幸せで、超充実しているので、休んだり遊んだりする気にもなれません。

はて?父として院長として本当にこれでいいのだろうか?

こんな面白味のない人間は、周りの人たちに苦しい思いをさせているのではないだろうか?

などと人並みに悩み考える今日この頃であります。

プロフィール

ertpuro

Author:ertpuro
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR