FC2ブログ
08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

新しいチャレンジの起爆剤 

『コロナ禍』が私とERTに気付かせてくれたことが2つあります。

一つ目は、免疫力やエネルギー状態を最大限安定させるには、なるべく毎日施術するのがベストであること

二つ目が、診療時間外で私1人ができる「写真遠隔」の人数が『1日100人以上』可能であること


「コロナ」と言う強力なエネルギーのお陰で、この半年間「周囲の大切な方々をコロナから守るために何ができるのか?」に尽力を注ぐことができ、治療家として鍛えてもらえたことには感謝の念さえ感じております。

施術方法も今までのERTの枠を超えた『新たな概念とテクニック』も完成し、いよいよそれを活かす時がやってきました。


さらにもう一つ、こちらも「コロナ禍」の影響により頂いたご縁を活かし、9月1日から私の「診療業務以外」においての片腕となってくれる『新たなスタッフ』が仲間に加わりることになりました。

特に私が苦手とする「パソコン関連業務」を大きくカバーしてくれるとあって、今までやりたくても躊躇していた分野にまでチャレンジする勇気が湧いております。


コロナ禍による「気付きとご縁」を『起爆剤』とし、9月24日から新たな試みである『お子様おまかせ遠隔』がスタートいたします。

そして、それに先駆けた「モニターの方々のご協力による万全の準備期間」も設けております。

詳細の内容は近々ホームページでアップし、募集も開始する予定にしておりますので、『スタッフ一同が気迫に溢れた新たなる施術コース』をどうぞお楽しみお待ち下さい。

カテゴリ: お知らせ

tb: --    cm: 0

研究所便り⑩『準備期間』 

「宣言解除」に伴い、研究所も未来に向けて徐々に動き始めております。

とは言え5月中は殆んどのスタッフが「在宅勤務」とさせて頂いているため、2回分延期となっている「月例のスタッフ勉強会」の替わりとして『便利なYouTube動画配信』を利用しながら「新たに開発した技術」を逐一伝えていっております。

思えば2月頃に「新しい施術コース」を開設する準備をしていた矢先のコロナ蔓延であった為、現在も計画は頓挫したままであります。

しかし「私とスタッフが協力して行う新たな施術コース」は絶対に必要だと今も確信しています。

そしてこの「神様に頂いた2ヶ月間」と言うプレゼントが、更にその方向へ進むべきだと後押ししてくれている気さえしております。

スタッフが研究所に集結する6月の1カ月間は「再準備期間」として、『新技術を直に伝授』し、「7月開始」を目処にレベルアップしたERTを活かした「いくつかの新たな施術コース」および「教室やスクール」をスタッフと共に始めたいと考えております。

どうぞ楽しみお待ちください。

カテゴリ: お知らせ

tb: --    cm: --

研究所便り⑧「新たな日常」に向けて! 

本日、69日ぶりに大阪の感染者数が『0人』と表示されていました。

徐々に大阪独自の自粛解除も進んでおり、街には「活気」が感じられるようになってきております。

研究所も「自粛バージョン」から抜け出し、ぼちぼち『新たな日常バージョン』へと一歩を踏み出す時だと思っています。

その為にも注意深く「大局と状況」を見極め、「世界単位でのエネルギーの流れ」を読み解きながら、変化に対応していかねばならないと感じております。


この2ヶ月半、ERTにとっては『最大の試練』であり『最高の収穫』を得ることが出来たと思っています。

研究所の多くの患者さんはもちろんのこと、スタッフとそのご家族、そして私の身内や知人、それにガチでコロナウィルスと戦っている医療現場の方々にもご協力頂きながら「あくまでもERT的方法」ではありますが『感染チェック』および『必要とあれば施術』等を、限界ギリギリまで試させて頂きました。

その数「7百人」を優に超えましたが、なりふり構わず頑張った甲斐もあってか、多くの方々を守れたのではないかと感じております。

これほど追い詰められた中での闘いは、今までに類を見ないほどの貴重な経験を積む事が出来、皆さま方のおかげで私とERTを新たな高みへと導いて頂けたのではと確信しています。


その「New E R T」を『新たな日常で如何に有効に使いこなし、役立てていくのかか!』がこれからの研究所の課題であり使命だと感じております。


変わってはいけないこと、変わらなければいけないこと、変えていくべきこと、を現在スタッフと検討を重ねておりますが、本格的な「緊急事態宣言解除」が行われるであろう来月に向けて、『研究所独自の診療形態』をこのブログにて順次お伝えしていければと思っております。

カテゴリ: お知らせ

tb: --    cm: --

研究所からのお知らせ 

徐々にではありますが、日本列島にも新型コロナウィルスの感染が拡大して参りました。

万が一に備え、研究所でも「ウィルスエネルギーの様々な映像」を基に、その「感じ方」「発見方法」「検査方法」「施術方法」等の研究に力を注いでおります。

その過程で感じることは、やはり「半端ない感染力を持つウィルス」だということこです。

ERTにて「僅かでも予防力を高めること」は可能ですし、たとえ感染しても「少しでも治癒力を高めること」も可能だと思っています。

しかし、それでも「目に見えなくて、得体の知れない敵」は厄介です。

つきましては、既にホームページにもアップしておりますが、このブログでも再度お知らせ致します。


※『2月、3月に、ご来院のご予約をされている患者様へ』

研究所に「ご来院の患者様」は公共の交通機関にて来られる方が殆どかと思います。

もしも、感染が心配になって交通機関の利用を躊躇されている方がおられましたら、『研究所に一切のお気遣い無く』遠隔等に変更されるか、お気軽にキャンセルの一報をご連絡ください。


※『育成コース卒業の先生方へ』

先日、動画にて「新型コロナウィルス予防強化法 」を配信致しましたが、近々第2弾として『最新のERT式、免疫力の高め方』の動画を配信する予定です。しっかりお勉強をされた上、臨床に活かして頂けたらと思います。


15年間エネルギー療法に携わってますが、常に『細菌類』のエネルギーは我々の前に立ちはだか難敵の1つであります。

誰もが「今出来る最善のこと」を積み重ねる事が大切です。

自分の身を守り、大切な人の身を守ることに暫くは集中しましょう。

カテゴリ: お知らせ

tb: --    cm: --

『短期集中型開放』始まります!② 

2種類の「短期集中型開放コース」についての概要

※最近の私の患者さんには「生死に関わるような症状」の患者さんが多数おられます。

先月(1月)だけでも3人の方が残念な結果となり、その中には1歳にも満たない赤ちゃんもおられました。

現状のERTのパワーを更にレベルアップさせ、何とか「体内に潜む治癒力を覚醒させられないものか!」との思いから考え出されたのが今回の『2種類の施術コース』であります。


《来院患者さん向けのコースについて》

【名称】…「シナジースペシャルコース」

【方法】…研究所側が指定した時間にご来院頂き、3時間〜最長7時間かけて、エネルギーがしっかり安定するまでインターバルをおきながらあらゆる角度から何度も繰り返し開放します。

【担当】…初回に院長が細部まで検査をし、1日の施術内容のカリキュラムを立て、その後スタッフが交互に指示された開放を行なっていきます。スタッフ開放後にはその都度院長がチェックに入りながら「全員体制」による施術となります。

【特徴】…施術間のインターバルは「1〜2時間前後」になると思います。その時間は「負荷スティック」を携帯頂きながら待合室で待機か、もしくは外出されてもOKとなります。半日仕事の長丁場になるとは思いますが、施術後に「エネルギーが悪い状態に戻りにくくする事」を目的としたとコースなります。


《おまかせ遠隔の患者さん向けのコースについて》

【名称】…おまかせスペシャル遠隔コース

【方法】…1日5回以上の写真遠隔を「10日間ぶっ通し」にて行ないます。

【担当】…1日の内、2回は院長が行ない、その他は「院長が指示した内容」プラス「各スタッフの感性と判断」による写真遠隔を3回以上行ないます。

【特徴】…入院中の方、重篤な症状の方、症状のアップダウンが激しい方、などにオススメであり、エネルギーの開放を「3時間置き」に「10日間」続けることによる「エネルギー状態の安定性」と『治癒力アップ』を目指したコースとなります。
このコースは「従来の他のコース」と併用頂けると更に安定性と効果アップに繋がるのではと考えております。



「料金」「開始日時」「お申込み方法」「施術の受け方」などの詳細については近日中に『ホームページ』にアップする予定にしております。ご興味のある方は是非ご一読ください。



尚、この「新たな試み」では様々な面において未知数な部分が多々あり、今後状況に合わせてシステムを変更していく可能性があるかと思いますのでどうかご了承ください。

また、この2種類のコースによる「施術効果」の状況報告や、「受けられた患者さんのお声」等をブログなどで発信しながら、スタッフが一丸となって症状の改善に向き合っていく所存です。

どうぞご期待ください。

カテゴリ: お知らせ

tb: --    cm: --