FC2ブログ

アトピー性皮膚炎
昨夜は長男の「誕生日」を祝いました。

仕事合間のほんの1時間ほどでしたが、「肺癌の手術」から少し元気になってきた母も交えての食事会は格別なひと時でありました。

思えば長男も幼少期は5年間「小児癌」に苦しめられました。

その辛い経験からERTが生まれ現在に至るのですが、その「長男・次男」と共に研究所を発展させていけることにも、これまた格別な思いがあります。

「病」(やまい)というエネルギーは多くの苦しみを伴いますが、多くの学びも与えてくれます。

しかし「病魔」というエネルギーは異質だと感じます。

「病」は、受け入れること、共存すること、回復すること、が可能だと思っています。

しかし「病」に「魔物」のエネルギーが絡むと明らかに質が変わり「学び」などと悠長なことを言ってられないほど辛く苦しい波動を生み出します。

そしてワケが解らないまま精神や肉体や命までをも蝕んでいく可能性があります。

私の持論による「魔物」については長くなるので別の機会にお話しさせて頂きますが、簡単に言うならば科学ではなかなか解明できない「異次元のエネルギー」であり「病を増幅させるエネルギー」だと思っています。

少し胡散臭く聞こえるかもしれませんが「エネルギー療法」にご縁を頂いている者としましては、世間から何と言われようとも「既成概念」にだけ捉われることなく、今後も様々な角度から「症状改善」に向けてあらゆる可能性を探っていくつもりです。

さて話は戻りますが、長男が小児癌から回復できたのは「次男」からの骨髄移植でありました。

当時、次男はアトピー性皮膚炎に悩まされていましたが、移植後は長男の身体にもアトピー性皮膚炎が発症してしまいました。

それから二十数年、2人ともアトピー性皮膚炎に苦しめられておりますが、先程もお伝えしたようにERTが生み出されたきっかけは「癌疾患」と、さらに「アトピー性皮膚炎」を自然治癒させれる方法は無いものか?と言う強い思いからでありました。

その2つの最終目標に対してERTが今どの位置まで進めているのか?その試金石が現在進行中の「腫瘍系疾患のモニター遠隔」であり5月から開始予定の「アトピー性皮膚炎および慢性皮膚炎のモニター遠隔」だと思っています。

詳細は今週中にホームページにアップする予定にしています。

今回も是非皆様のお力をお貸し頂ければと願っておりますので、何卒宜しくお願いいたします。

2月の研究所便り①「ワクチン予防」
研修日を利用して、本日は「3社のコロナウィルスワクチンに対するエネルギーの合わせ方」のスタッフ勉強会を行いました。

患者さんの中には、早い方で「今月中にワクチンを打つ予定です」と言われる医療従事者の方もおられるため、ERTとしてもできる限りお役に立てればと思っています。

ちなみにスタッフの練習期間などを考慮した結果、研究所では下記の通り「ワクチンとエネルギーを合わせる施術」を開始させて頂く予定にしております。

【主旨】未曾有のコロナウィルスワクチンを体内に入れるのは誰しも不安だと思います。ERTでは以前から様々なワクチンに対し「摂取される前にエネルギーを合わせ、少しでもダメージの軽減を目的とした施術」を行ってまいりました。今回のコロナウィルスワクチンに対しても副反応をなるべく少なくするための開放法を研究開発して参りましたので、その成果を皆様の不安解消のお役に立てられればと切に願っております。

【開始日時】2月15日(月曜日)より

【対象者】ワクチン接種をされる方ならどなたでもOKです

【施術の受け方】ワクチン接種日の「1日前〜5日前」が最適です。

【料金】
●普段受けられている「来院や電話遠隔での通常の施術内」にて同時に「ワクチン予防」をご希望なら無料となります。(通常の料金のみ)
●写真遠隔でのご希望の場合は通常の写真遠隔料金にて「ワクチン予防のみ」を施術させて頂きます。
●新規の患者さんの場合「ワクチン予防のみご希望」であれば、初診料は無料で「各コースの通常料金」にて施術させて頂きます。
    
【その他】
●ベースアップ遠隔やサポート遠隔などでの「ワクチン予防」はご利用いただけません。
●「ワクチン予防」を受けられた方は、ワクチン接種後に無料で「エネルギーが乱れていないか?」の簡単チェックを任意でさせて頂く予定にしております。接種後なるべく「3日以内」が最適ですので、ご希望の方は施術させて頂いたスタッフと相談してみてください。


以上、簡単に箇条書きにさせて頂きましたが、さらに詳細な内容を近日中にホームページにアップ致しいますのでご一読してみてください。(一部変更の可能性あり)


話は変わりますが、今月から開始した「腫瘍疾患関連のモニター研究」ですが、現在26人の方にご参加頂いております。

とてもとても勉強になっており心から感謝いたしております。

毎日、精一杯のエネルギーを届けさせて頂いておりまので、何か変化があればご報告お待ちしております。

尚、50人まで募集しておりますので、ご希望の方は是非お力をお貸し下さい。

宜しくお願い致します。


新年の研究所だより②「写真からのアプローチ」
昨年の9月から開始した「お子様ベースアップ遠隔」も今月で「4ヶ月目」に突入しております。

初月は「45人」からスタートしましたが、有り難いことに4ヶ月経過した今月は「72人」のお子様方にお申し込み頂いており、需要の高さを感じております。

途中で中断された方々、新しく始められた方々、そしてずっと4ヶ月間継続して頂いている方々、その皆様方が与えてくださった「成長の機会」に心から感謝しております。

4ヶ月経過すると「ベースアップ遠隔の内容や方法」もどんどん進歩してきております。

年末は全員の方に、昨年1年間に受けた心身のダメージがトラウマにならぬよう『時間軸を使った浄化テクニック』を施しご報告させて頂きました。

年始には多くの方々に、今年1年を力強いエネルギーで乗り越えていけるよう『60種の運気軸から最良の運気を読み解きアドバイスさせて頂くこと』や『霊体軸から見えるご先祖からの見守り霊との向き合い方』などをご報告も致しました。

今後は「12種の軸」だけに固執せず、お子さんの潜在能力を伸ばしたり、個性や身体機能を高めたりするような、ERT(治癒力を高める)とは一味違ったアプローチ方で底上げの助けになれればと思っております。

ちなみにスタッフ5人が担当している「大人ベースアップ遠隔」でありますが、今月は32人の方にお申し込み頂いており、その方々に対しても「院長補助」という形で関わらさせて頂いてます。

その他にも今年に入ってからの13日間で「おまかせ遠隔」「写真遠隔」「サポート遠隔」など『お写真からのみのアプローチ』に対して既に合計50人以上の方からお申し込み頂いております。

コロナ禍のご時世、外出されることがリスクであるため、確かに来院患者さんは以前より少なくなっております。

しかしその分、『電話遠隔』を筆頭に「遠隔診療」をご希望して頂ける方が今まで以上に増えております。

この件に関しまして、スタッフ一同感謝の極みであります。

ご期待頂いている皆様方を決して裏切ることがないよう、ERTの真骨頂でもある『遠隔操作』のテクニックを日々集中して研究・開発致しております。

「来院診療」に負けない効果が出せるよう頑張りますので、どうぞご期待ください。

新年の研究所だより① 防疫
コロナ「第3波」は容赦なく激しさを増しております。

研究所でも今年に入ってから急激にコロナ関連の患者さんが増えてきております。

「医者」でもない我々民間療法の治療家が、出過ぎたことを言ったり行なったりするのは道義上も法律上も間違っているかもしれません。

しかし既に医療崩壊が始まり、病院に行けないまま悪化していく人が増え始めている現状において「何かできることはないのか?」と強くジレンマを感じてきております。

「科学的な検査結果が全て」の西洋医学を良くないとは思いません。

しかしこの非常事態において様々な選択肢と臨機応変さを受け入れないと、後手後手になって取り返しがつかなくなるような気がします。

ERTではエネルギーを感じることでしか判断できません。

ERTではエネルギーを開放し治癒力や免疫力を高めることしかできません。

もちろん、その検査精度や施術効果は100%ではなく、あくまでも術者の「感性や感覚」を重視した科学的根拠のない世界の話であります。

しかしこの1年間「コロナウィルス」に対し数千回に及ぶ「検査経験」や「臨床経験」をさせて頂いた事で、「私なりに確信を得たテクニック」の開発に成功したと思っています。

コロナに対しては予めERTにて「エネルギー防疫法」を施しておけば強くなる可能性があります。

もしコロナが体内に侵入してもなるべく早い時期に適切なエネルギー開放を行えば、他人への感染力が無いまま自然免疫で勝てる可能性があります。

もしコロナに感染し、いろいろな症状が発症しても軽度や中度の方ならば、エネルギーを高めることで悪化を防ぎ、治る時期を早められる可能性も感じております。


まだまだ長い戦いになりそうです。

今後もし皆さんのお体にそれらしき症状を感じられたなら、やはり「病院の医療行為」にお任せするのがベストかと思います。

しかし、この医療機関が逼迫したご時世において不測の事態はいつ起こるかわかりません。

そんな場合、ERTを第2・第3の選択肢に入れておかれることで、何かのお役に立てるかもせれません。

不安や絶望でメンタルや免疫を落としてしまう前に、どうぞ連絡してみてください。


『外出自粛要請』に伴って
まだまだコロナによって人類は試練を与えられ続けているようです。

その試されている意味が一体何なのか?

天敵を与えられることによる「圧力的」な試練なのか?

もしくは醜い争いを続ける人類への「警鐘的」な試練なのか?

はたまた人間の思考や常識や概念を覆し「真の心の生き方を知るため」の「進化的」な試練なのか?

残念ながらエネルギーで感じてみても私にはその明確な答えはわかりません。


さて昨夜、大阪府が全国に先駆けて2週間の「外出自粛要請」を発動いたしました。

研究所としましては「現状の診療体制」において今のところ変更は考えておりません。

しかし『すでに来院診療を予約されている患者様』におきましては、京橋は人の密集する繁華街でもありますので、どうかご無理のない行動をお願いいたします。
特にご高齢の方や持病のある方は私たちにお気遣いなくお気軽に「キャンセルや電話遠隔」などにお切り替えください。

また、研究所においてもスタッフのほとんどが『大阪府外』から出勤しているため、今後の他府県などの状態次第では緊急事態宣言の時のように自宅リモートによる遠隔診療が多くなる可能性がありますことをご了承ください。

尚、吉村知事はもう一つ「医療非常事態宣言」も同時に発動されました。

病院が逼迫している状態で、コロナ以外の救える命が救えなかったり、病院に通うのを敬遠して持病を悪化させる人が増えているそうです。

特に「後者の方」においてはERTが少しでも何かのお役に立てるのではないかと考えています。

感染予防、軽度な症状、メンタルの不調、体調維持、などに対しては、ERTの技術はきっと役立つはずです。

この困難に対してスタッフ一同、出来ることを最大限の熱意を持って対処させて頂きたいと思っております。
Copyright © ERT院長ブログ. all rights reserved.