FC2ブログ

免疫を知る
2週間前に私の身体が「緊急事態」を宣言して以来「もしかしてこのままもう日常には戻れないかも?」なんて思った一瞬すらありました。

「暴走した免疫」に私が繰り出すERTがことごとく弾き飛ばされ、太刀打ちできない失望感に心まで折れそうになりましたが、そんな事態でも「楽しむ感覚」さえ忘れなければ、見えてくる光はあるものです。

本日、10日ぶりに職場復帰いたしましたが、朝から深夜までいきなり100人を越す患者さんと共鳴したせいか、情けないいほど体はヘロヘロでありました。

それでも「心と眼光」だけは最後まで輝きが衰えなかったのは、今まで確信が持てなかった「免疫エネルギーとは何ぞや!」と言う疑問に対して、私なりの「一つの答え」が見つかったからだと思います。

多くの書物や文献で勉強してきた「免疫」でしたが、その横暴ぶりを生身で体感したおかげで「百聞は一見にしかず」という諺の本意を知った気がします。

「免疫」の乱れが関与する病気は数知れません。

例えば、免疫が強すぎると膠原病やアレルギー性疾患を引き起こし、免疫が弱すぎると癌や感染症を引き起こすとも言われています。

もっと具体的に言うと、花粉症も、アトピーや皮膚炎も、重症化するコロナも、関節や筋肉の痛みも、腸炎も、癌も、それらの多くが免疫の異常による可能性が高い病気だと言うことになります。

「免疫力」や「免疫バランス」をいかにして整え安定させるか!はERTの長年の課題であり、最も目指すべきゴールの一つでもありました。

そしてその悲願は今回の私の苦しみとの引き換えに得た「光明」で大きく前進しそうな気がしています。

この「10日間の休み」から生み出された新たな施術法は、今後きっと患者様に素晴らしいエネルギーとして還元できることと信じております。

ご心配とご迷惑をおかけしております。
本日、母親が手術のため入院いたしました。

年末から呼吸器系の調子を崩し、日々私が施術を繰り返してまいりましたが、様々な検査の結果「やはり手術がベスト」となり、不本意ながら私も母も受け入れることに決めました。

しかし情けないことに、母を手術に送り出す前に私の方が先にダウンしてしまいお仕事までお休みを頂くことになってしまいました。

母と二人暮らしの心労からか、毎日100人以上の患者さんとエネルギー共鳴している疲労からなのか、過信からくる不規則な生活環境のせいなのか、原因は定かではありませんが、研究所の院長として「あってはならない醜態」を晒してしまったと反省しております。

一昨日、症状が余りにも不可解なため20年ぶりに病院を受診し検査を受けてきましたが「一種の膠原病の疑い」とのことで、医者からは経過観察と無理をしない様にと言い渡されてしまいました。

つきましては現在体調は少しずつ回復しておりますが、もう暫く「院長診療」をお休みを頂くことになりました。

ご予約頂いていた患者様方にはこの上ないご迷惑をおかけし、誠に申し訳なく思っております。

今回の母の「大病」と、私の「免疫の乱れ」を「我が身を通した絶好の学びのチャンス」と捉え、今後のERTに大いに活かしていきたいと思っております。

【院長診療】の再開につきましては、

「おまかせ遠隔・写真遠隔・ベースアップ遠隔・モニター遠隔」を2月27日(土曜日)から、

「来院診療・電話遠隔・サポート遠隔」を3月1日(月曜日)から、

診療させて頂く予定にしております。

今後、研究所の体制も多少変化があるかと思いますが、絶大な信頼のおける13人のスタッフの力を借りながら「元気と健康と幸せ」を皆様にお届けできるよう努めて参りますのでどうぞ宜しくお願い申し上げます。

     中井代替医療研究所 院長 中井茂樹


充実の1ヶ月
ここ数年で最も私のエネルギーが高まる「今年の11月」を無駄にするまいと、大好きな「ブログ」まで封印してERTに没頭して参りました。

まるで「長〜い1日」だったかの様なこの1ヶ月間は、何をしてどのように過ごしたのか?さえ殆ど記憶に無く、時間の区切りすら感じない「充実した幸せな日々」を過ごせた様に思います。

お陰さまで、エネルギーに対するスキルは格段にレベルアップしたと自覚しております。

久々にこの溢れ出す様な、そして湧き上がる様なパワーにワクワク感が止まりません。


ちなみに12月の私の運気は「愛」と「覚醒」です。

つまりは「多くの苦を包み込み、健康や幸せを育むエネルギーを膨張させるためのスタートライン」であると捉えています。

今年も残り1ヶ月となりましたが、『新年の研究所とERT』に向けた最高の準備をしていきたいと思っています。

スタッフ一同、最終日まで精一杯頑張りますので、どうぞ宜しくお願い致します。

視界不良!
7月攻勢のはずが、出鼻を挫かれた気分であります。

久々の「お話し会」も「講師業務」 も、納得がいかない出来栄えとなってしまいました。

人間「得手不得手」がありますが、やはり私は人前で話すよりも、施術法を開発したり、患者さんの症状と向き合っているのが一番性に合っている様に感じます。

7月に入っても相変わらず1日も休むことなく研究所に足を運んでおりますが、「アゲハ蝶」や「カエル」のように劇的な形態変化を遂げる術は未だ見つかっておりません。

そんな中でも先日、初めて私し「ユーチューバー」なるものに挑戦致しました。

「院長塾」に参加された生徒さんしか見れない「限定的な設定」にさせて頂いてますが、それでも閲覧数が50を超えたりすると、この初体験的な感覚にちょい嬉しくなったりしております。

さて、明日の水曜日は「月に一回の研修日」となり、研究所は全てクローズ致します。

この日を利用して3日間(17〜19日)院長は研究所を離れ、お休みを頂きます。

全幅の信頼を寄せている優秀なスタッフが5人おりますので、安心して修行してこようと思っております。

最近は「命に関わる症状」の患者さんも増えてきております。

その厳しい荒波に負けない波動を習得して20日からの診療に活かす決意でおりますので、ERTのさらなる成長をどうぞご期待くださいませ。


今年の総括と来年に向けて⑤ 〜よいお年を〜
私にとって長い長い1年がようやく終わりを迎えます。

陰陽論そのままに、今年「素晴らしいこと」と「苦しいこと」が大挙した1年でありました。

診療スタッフだけを振り返ってみても、次男の弟子入り、桒原先生の復職、念願のパパになる白井先生、伊藤先生の大切な次女さんの中学校入学、有田先生の3児のパパの奮闘ぶりなど、悲喜こもごもなエピソード満載の1年だった気がします。

それに9月からの新体制による、アイテム販売、お話し会、学ぼう会、それに北海道往診業務、インストラクター輩出、簡単活用講座の開始、育成コース講師に院長復帰など、変化に富んだ研究所でもありました。

とはいえ、私が最も重きを置いてきたものは唯一つ「ERTの研究、開発により患者さんの症状改善に努めること」のみであります。

完璧とは言えませんが、年末までにようやく「ERTの第1章」は幕をおろせた気がしています。

何とか間に合った事にホッと胸を撫で下ろしております。

来年、この「完成度の高いERT」という作品をどの様に纏め、伝え、活かしていけるかが課題となります。

さらに、私だけの『特殊なエネルギー』も活用しながら、『診療業務をどの様にパワーアップさせていくか?』も楽しみの1つであります。

そのために、正月休みの殆どを『エネルギーの修行』に費やしながら過ごしております。

診療スタッフもきっと各人が自分を高めるための修練に余念がない正月休みを送っていると思っております。


2018年の研究所はスタッフ一丸となりながらも『個性を輝かす年』になるよう全員が努力し、皆様のお役に少しでも立てる様頑張るつもりでおります。

何卒、来年も宜しくお願い申し上げます。

皆様、良い年をお迎えください。

中井 茂樹
Copyright © ERT院長ブログ. all rights reserved.