FC2ブログ
08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

「予防強化法」のお知らせ 

研究所では、年末から現在までに100人を超える方から「インフルエンザへの予防と強化」を促す施術のご希望がありました。

この10年間、大まかな統計を取っていますが、インフルエンザに対する「ERTの予防効果」は年々上がっていると感じおり、それに比例して「予防を希望される方」も年々増え続けております。

患者さんからも、

「この予防と強化の施術を受け始めてから5年間、家族全員が誰もインフルエンザに罹らずに済んでます」

「先日インフルエンザに罹ったのですが、ビックリするほど軽症で治りました」

などのような報告を多々頂いております。


さて、昨日『新型肺炎』の感染者が大阪で確認されました。

徐々に日本でも広がりをみせてきておりますが、私もただ黙って推移を見守っていたわけではありません。

数少ない情報を基にこの1週間『新型コロナウィルスに対する予防法と強化法』を研究して参りました。

そしてようやく昨日の「スタッフ勉強会」にて「現時点においてこれがベストでは?」と思える『新型コロナウィルス予防強化法』をスタッフに伝える事ができました。

毎年大量に感じている「インフルエンザウィルスの波動」とは違い、臨床経験も皆無であり『写真のみから感じるウィルス波動』だけを頼りに開発したため、この予防強化法がどれほど効果があるのか全くの未知数であります。

それでも私の長年の経験上から『ほんの僅かな効果であっても、しないよりは、した方が絶対に強くなる』と思っております。

つきましては明日から「ご希望される方のみ」ですが、私と診療スタッフ全員で『新型コロナウィルスに対する予防と強化の施術』をさせて頂くことになりました。

詳細は下記の通りです。


『新型コロナウィルスに対してのERT的予防と強化について』

《施術方法》
新型コロナウィルスの波動を、肺をはじめとする各臓器、血液、神経などに融合させ、各組織のエネルギーが乱れたり、低下したりしないよう反発性を開放し、『自己の免疫がウィルスに対して少しでも優位に立てるようにすることを目的とした操作』しながら整えます。

《受けて頂ける方と料金》
「タイプ1」(無料タイプ)
来院、電話遠隔、写真遠隔、を問わず、現在研究所にて「別の症状」の施術を受けられている方は、ご希望により無料で予防の施術をさせて頂きます。これらの方々は基本的エネルギーを常に整えておりますので、予防の施術に掛かる施術時間は『5〜10分程度』となります。

「タイプ2」(有料タイプ)
「予防強化だけを望まれる方」、もしくは「全く研究所が初めての方」は、しっかり基本的エネルギーを整えてからの施術となりますので、ホームページの料金表にあ「外来診療」「電話遠隔診療」「写真遠隔診療」の料金に準じます。ただし全く初めての方で「予防だけをご希望の方」は『初診料のみ無料』(施術料は必要です)とさせて頂きます。

《お願い》
もう一度言いますが、この施術法は決して『ウィルスに罹らなくするものではありません』
『罹りにくく』『罹っても早く回復するように』を目標にして行なっております。
そして『効果も全く未知数であります』ので、どうか誤解の無いようにお願いします。
また、初めてERTを受けられる方は、ホームページなどでERTの主旨等をよくご理解の上ご予約頂くよう宜しくお願いします。


※追伸
「育成コース」第1期〜第4期卒業生の皆さんへ

『新型コロナウィルスの予防方法の実践動画』を作成しました。
ご希望の方は明日以降、研究所に問い合わせてみてください。

カテゴリ: 未分類

tb: --    cm: --

9人の自分 〜後編〜 

⑤感覚の自分…個々の持つ感受性の性質を活かし、それを自分らしく創造・表現する『感性エネルギー』です。センスとも呼び、ERTにて「最善の感性の表し方とは何か?」を読み解きます。
    
⑥才能の自分…授かったパワーを活かし、得意分野を活かすための『知性エネルギー』です。潜在能力とも呼び、ERTにて「自分を磨き活かすための分野は何か?」を読み解きます。
   
⑦意志の自分…人生において最優先事項を決定付ける『個性エネルギー』です。価値観とも呼び、ERTにて「自分にとって最も価値ある生き方とは何か?」を読み解きます。

⑧奉仕の自分…頂いた命を活かしてこの世に還元するための「仕事」に関わる『適性エネルギー』です。ERTにて「今世の自分に適している職業分野および奉仕事」を読み解きます。

⑨魂の自分…前世・先祖・霊的・神・仏など異次元の波動との繋がり、さらに人間の心と肉体の核となる『特性エネルギー』です。ERTにて「健全な人生と健康な心身を保つために必要な特殊エネルギー」を読み解きます。


以上、ご紹介した「9人の自分」のエネルギーは読み解くのに時間がかかり、なかなか通常診療に活かしきれていないのが現状であります。


そこで研究所では、このエネルギー検査を活かせる新たな分野を模索しております。

カテゴリ: 未分類

tb: --    cm: --

研究所のご利用法あれこれ㉗ ~水~ 

人体の60~70%は水分で構成されています。

そして体内において「水」は適材適所の働きをしながら生命維持活動の根源を担っています。


ゆえにこの季節で最も注意しなければいけないものの一つが

「脱水による熱中症」

かと思っています。


さて「水関連」でよく患者さんが訴えられる症状と言えば、『むくみ・頻尿』であります。


『むくみ・頻尿』において、重度な病的症状は別として、軽度な状態であってもとても気にされる患者さんが多くおられます。


しかし、ERTでは「むくみも頻尿も」両方とも、水の恩恵を受けている良質な症状の場合があると思っています。


「むくみ」=重金属や老廃物が体内に多くなったとき、毒の濃度を濃くしないように細胞が水分を保持して守ってくれているため、「むくみ」に繋がることが多々あります。

「頻尿」=むくみとは逆に、菌や毒を体内からどんどん排泄するために、水の力を利用しながら尿の回数を増やして、浄化作用に励んでいることが多々あります。


さらに、

「水は体内エネルギーを、全身の細胞の隅々まで活発にしながら滑らかに伝えていく」

という大変重要な役割を持っています。


戦国時代、お城の周りに外堀を作って守りを固めたように、水の恩恵とパワーを上手く活用できている身体は、『最高の健康状態』を手に入れることが出来ます。


ERTでもアフターケアスティックをはじめ「水エネルギー」に関しては日々研究を重ねており、「どのように水と身体と馴染ませ、最高の形で活用ができ、健康に結びつけるか!」の実践に取り組んでおります。

カテゴリ: 未分類

tb: --    cm: --